2006年08月16日

私をこの世に留めるもの

lca_c7.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはコニカミノルタCENTURIA100です。


すべては留まらぬものだから
大切なものが多ければ多いほど
悲しみが多くなるけれども

どんなに悲しみで吹き消しても
私の中に存在する
「愛おしい」というこの衝動は
なんなんだろう?

愛というものは
私をこの世に留める鎖
良くも悪くも
私は様々な愛に縛られて
この世に生きている



大切に思えば、別れが辛い。
それを知っていても、愛しいと思う心はとめられないのだなあ、と。
いろんなヒトや存在の愛で、私はこの世に留められている。
そう思うこの頃です。
posted by アカシロイズミ at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

ひとの手がつくりだしたものすべて

lca_c6.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはコニカミノルタCENTURIA100です。


ひとの手がつくりだしたものすべて
うつくしいとはいえないけれど
いびつで悲しいものも
この世界には存在するけれど

それらは確かに
ひとの手がひとのこころを削りとって
作り上げた存在なんだ
ひとの手がつくりだすもの全てに
そのひとのいのちが注がれている

内包するその祈りに
耳を澄ませて

理由のない存在なんて
この世界にはひとつもないんだ

僕らの手は
世界に名前を付け直す力を持っている



造作物というものにココロ惹かれます。道具というものが好きです。
ひとの手って、凄い力を持っているんですよね。
posted by アカシロイズミ at 23:50| Comment(3) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

そんな奇跡的な確率で

l_p_a10.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはリバーサル。フジフィルムのベルビアです。

海底の砂粒が
地上の砂粒と巡り会うような
そんな奇跡的な確率で
僕はここに生きていて

それどころか
奇跡的に巡り会った誰かと
恋に落ちたり
愛を育んだりするんだ

なんだか途方もなくて
君を地球規模で
宇宙規模で
愛おしくなるんだ

ねえ
この気持ち
どうしたら君に
伝えられるかな?



今日は薄曇りではありましたが、東京は良いお天気でした。
今日は久々にカメラを持ってお出かけしました。
posted by アカシロイズミ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

いつも笑っているひとが苦しみを知らないと思うかい?

lca_g9.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはコダックgold100です。


いつも笑っているひとが
苦しみを知らないと思うかい?
しあわせなんだと思うかい?

ひとはこころに大きな痛みを感じると
じっと黙ってうずくまる
笑顔で防壁をつくって
こころをひとりにしようとしてしまう

君の隣で笑っているその人は
本当にしあわせを感じているのかな?
その笑顔は本物なのかな?

どうか壊れてしまう前に
気付いてあげて
君の言葉はそれを守る力を持っているんだ


良いお天気でしたね〜!
お洗濯を久々に干せて、満足でした。うふふ。
暑かったけれど、それでも晴天は気持ちいいです。

夏風邪ってなかなか治りませんね。
言葉は、心から綴り出されるもの。
その心は体調にやっぱり影響されます。
はやく不調を吹き飛ばして、もっともっとイイカンジに〜〜〜!!!

ということで、今日は早く寝ます。
寝ます〜〜!
posted by アカシロイズミ at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

君の長い長い凪の時間は終わるんだ

lca_g8.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはコダックgold100です。


長い長い凪のなかに
僕らは生きていて

風を知らない君は
理由も分からずこの世界が息苦しくて
懸命にもがいている
世界の全てに否定されているように
ひとりぼっちで戦っている

だけど苦しまなくていい
孤独を感じなくていい
凪いだ世界で
上手に呼吸できないひともいるんだ
ただそれだけなんだ

息を詰めて風を待つのもいい
だけど
自分で動いてごらん
風を作ってごらん

そして
君の長い長い凪の時間は終わるんだ



相棒の誕生日にDSLiteを買おうと準備していたら、たまたま今日、偶然にも買えちゃいました。
入手困難というので、1ヶ月の猶予をとっていたのですが・・。
何処に行っても売り切れだったのに、凄くツイてる。・・のかな?
誕生日プレゼント、かな〜り早いですが、隠し事のできない私。w
隠しきれずにあげちゃいました。

ただ、私の方が遊んでいる時間が長いような気がします。
posted by アカシロイズミ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

君の心は大丈夫

l_p_a9.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはリバーサル。フジフィルムのベルビアです。


心がくたくたに疲れて
疲れ果てて
もう駄目だと思ったとしても
君の心は大丈夫
大丈夫だよ

きっとそれは
君の心の成長に心の器が
間に合わなくなっちゃったんだ
君の心が壊れてしまったわけじゃない

心の器が「大きくなるまでちょっと待って」って
言っているだけなのさ
だから君はちょっと歩調をゆるめて
君自身をのんびり待ってあげればいい
それだけでいい

いつか君の心の器ができあがったら
今までよりもずっと大きくなった君は
もっとずっと素敵な世界を受け取れるから



心が壊れちゃったかな、というときがあっても、それはきっと、心の器が心の中身に追いつかなくなっちゃっただけなんだな、と思います。
私には、心には器と中身があるように感じるんです。

久々の海。
あ〜、最近青空を見ていないです。
良い天気の日に撮影に行きたいです〜。
posted by アカシロイズミ at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

僕らの記憶は数珠繋ぎにして世界を築き上げるんだ

lca_g7.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはコダックgold100です。


昨日の僕と今日の僕
存在はいつも不連続で
ただ記憶だけが僕という存在をつなぎ止める

ドミノ倒しみたいに
世界は存在し続けているんだ
全ては変化している

1瞬前も1瞬後も
現在と同じでいられる存在なんて
ひとつもない
その1瞬1瞬を僕らの記憶は数珠繋ぎにして
世界を築き上げるんだ

奇跡みたいな世界で
僕らは恋をする
意志と記憶が僕らの世界を支配している

ねえ
明日も明後日も
僕のことを覚えていてね



ちょーっと難しくなっちゃったかも。笑
存在は不連続。それをつなげるのは記憶。
そういう考えもあるかなと。笑

むむ。最近ワタワタと慌ただしいです。
そんな時は無性に海に行きたくなります。
posted by アカシロイズミ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

君が継ぐもの

lca_g6.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはコダックgold100です。


君が今見上げているものは
君の中にも息づいている

それは幾重にも重なる時間
受け継がれてきたいのちといのり

空に海に土に
息づくものたちに
同等に継がれてきたもの

君は気付かなくてはいけない
自分の価値に
君は気付かなければいけない
世界と自分は等価値だと
全くの等価値だと

そしていのちといのりを
そっと次の世代へと注ぐんだ

君は世界を継いでいる



木というものは不思議です。
大きな木に心が安まるのは、それが自分の中に存在するものに形が似ているからかもしれません。

いのちを次の世代へ注ぐということは、子供を産むことは一番ですが、それ以外にもいっぱいできることがあるのではないかと思うのです。
いのちといのりを。
私たちは、世界を継いで存在しているんだなあと、思います。
posted by アカシロイズミ at 11:26| Comment(6) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

君が手に入れた世界はこんなにもうつくしいんだ

lca_g5.jpg

LC−Aにて撮影。フィルムはコダックgold100です。

こんなに辛くって
こんなに苦しくって
こんなに涙ばかりが出るのならば

あの楽園から出るんじゃなかった
あのまどろみから抜け出すんじゃなかったと
君は声を嗄らして叫ぶけれど

涙はそんなに悪者かい?
辛いこと
苦しいことは
そんなに駄目なことなのかい?


その痛みで
君はあの苑が楽園だと知ったんだ
その苦しさで
君はまどろみの平穏さを知ったんだ

苦しさばかりに心を奪われないで
君はたくさんのものを手にしているはずだよ
自分の王国を出た今の君は
誰かを抱きしめることだって出来る

みあげてごらん
ほら
涙のレンズを通して見た世界は
キラキラと
こんなにもうつくしい

君が手に入れた世界は
こんなにもうつくしいんだ



1周年記念企画、無事に終了いたした〜!!
みなさん、楽しんで頂けたのならばさいわいです。
これからも宜しくお願いします!

最近、海に写真を撮りに行っていないです。
また撮影に行きたい。
お花も大好きだけど、海はもっと好き。海〜。
posted by アカシロイズミ at 13:03| Comment(2) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

君の迷い道にも花は咲いている

lca_g4.jpg

LC−Aにて撮影。フィルムはコダックgold100です。

辛いことばかり
醜いことばかり
迷って転んで泥だらけ

無様な人生だと
無意味な人生だと
君は君の過去に
蓋をしようとするけど

だけど思い出して
君の迷い道にも
花は咲いていたはず


本当に何もなかった?
楽しいことも嬉しいことも
美しいと感じた何かも
愛しいと思った誰かも

大切に感じた
それらのものを
苦しさで手放さないで
悲しみで蓋をしないで

今の君がこんなにも
優しくて暖かいのに
君が過去に
何も受け取らなかったわけはないんだ

君は優しさを
あたたかさを
うつくしさを
ちゃんとどこかで
受け取っているはずだよ


ほら
思い出して
君の迷ってきた道
君に降り注ぐやさしい花々

そして
いつか僕に
その花の話を聞かせて


ピントばっちりではないのですが、この距離感が欲しくて、あえてシャッターを押しました。教科書的な写真ではないですが、気に入っています。えへ。


旅行記、慌ただしくてなかなかUPできませぬ。すみません〜〜。
今日、明日あたらいに続きを!続きを〜〜!
posted by アカシロイズミ at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

僕らの翼は忙しなく羽ばたいて

lca_g3.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはコダックgold100です。


湿った空に風を待ち
たちつくす大きな羽根
精一杯に胸を張り
風の声に耳を傾けている

そうか僕らの
この何処へも行けない翼も
この大きな回転翼と
同じものなのかもしれない

何処にも行けない
何処にも行かない
そこに何かを生み出すために

僕らの翼は
何処へも行かない代わりに
忙しなく羽ばたいて
愛の灯りをともすんだ


秋田の海っぺりです。
雨天だったのですが、この時だけほんのちょっとの晴れ間。

次はまたワンテン写真をUPしようかな、と思ったりしています。
posted by アカシロイズミ at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

君は走り出すべき季節にいる

lca_g2.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはコダックgold100です。


さあ
駆け出そう


君は君の「可能性」なんかに騙されちゃいけない
周りは無責任に膨大な選択肢を
君に押しつけるけど

君が選択肢の膨大さに押しつぶされて
一歩も進めなくなってしまったとしても
誰も責任はとってくれないんだ

「何かになりたい」
胸の中で行き場をなくした力が
君を切り刻む

気付いているかな?
そうやって何も出来ず
どこにもいけないことが
一番辛いんだ

歩き出したっていいんだよ
走り出せばいいんだよ
でたらめだって
きまぐれだって

この青い空の下を駆け出すのは
今しかないんだ

はじめの一歩を踏み出そう
君は走り出すべき季節にいる



何をして良いか分からない。
考えてみると、それが一番苦しい状態だったような気がします。
解決策は案外簡単。
とにかく、はじめの一歩を踏み出すことです。
なんちって。
posted by アカシロイズミ at 23:50| Comment(3) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

君は光の中にいる

lca_g1.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはコダックGOLD100です。


どんなに迷ったって
どんなに寄り道したって
その迷いや寄り道こそが君の生きる世界

迷って
寄り道して
たどりつくその場所が
君の世界なんだ

闇に怯えて閉じていた目を
そっと開いてご覧
ほら
君は光の中にいる


君が君を信じられるようになるためならば
僕は何度だって叫ぶさ
君は大丈夫、君は大丈夫だと

心配しなくていいんだ
このうつくしい世界を
ただ認めればいいんだ

いつだって君は
光の中にいる
わずかな暗闇に怯えて
目を閉じないで

ほら
世界はこんなにもうつくしい



ちょっとマイLC-Aの調子が悪いので、また分解しようかな〜と思っています。笑
まあ、問題のある箇所は大体分かっているので。
うまくなおるといいなぁ。

GWの写真、一気には無理ですが、ぼちぼちやっていこうと思っています。
posted by アカシロイズミ at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

僕らの星は花開く

lca_c5.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはコニカミノルタcenturia100です。


毎朝
僕らの星は花開く
広く大きな花弁を開き
僕らの中に小さな種を
そっと残して行くんだ

波打つ光の花
柔らかく僕らを包み
新しい朝へと導いてくれる

この星がうつくしいのは
この瞬間も
どこかで光の花が
開いているから

朝の光はいつだって
僕らの中に息づく優しさや
うつくしさを
思い出させてくれる



ひさびさLC-Aです。
こういう暗めの写真の撮影も、LC-Aだと比較的楽ですね。オートマチックですから。あはは。
マニュアルだと失敗が怖くて、ついついヒヨったりします。いけません。笑

スメハチでもっと夜を撮れるようになると素敵だなぁと、最近思っています。
チャレンジー!
posted by アカシロイズミ at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

この恋に太陽の光は明るすぎるから

lca_c4.jpg

LC−Aにて撮影。フィルムはコニカミノルタCENTURIA100です。

この恋に
太陽の光は
明るすぎるから
あなたを誘って
月夜の波間

月の光はか細くて
全てを照らしはしない
今だけなら良いでしょう?
あなたの手に触れても
あなただけを見つめても

こんな夜は
私とあなたの
輪郭が曖昧になる
だから良いでしょう?
あなたの髪に触れても
あなたの肩に触れても

唇にこぼれる囁きは
潮騒が消してくれる
「アイシテル」はきっと空耳



なんというのか、月夜の浜辺はやたらめったら切ない気持ちになったりします。
それに一番近いのは、好きになってはいけない人を好きになった気持ちじゃないかなあと。
まあ、そういうことを思ってみたわけです。

月明かりが明るかったので、なんとか撮れたようです。
トイカメラで普通は夜の海の撮影は難しいのではないでしょうか。
でも、出来ないことはないので、やってみたい方は満月の明け方にレッツチャレンジです。
運が良ければ映っています。笑
posted by アカシロイズミ at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

君は光の筆を持つ

lca_c3.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはコニカミノルタCENTURIA100です。


君は光の筆を持つ
弾む息を殺し
胸の鼓動を押さえつけ
そっとそっと光を集めるんだ

ひかりはいろ
ひかりはかたち
ひかりはせかい

君が描く永遠に
焦がれて止まない



何度か登場していますが、相棒(夫)です。
これまたシルエット。笑
写真を撮るということは、光で描くことなんだな、と思います。

写真は「真をうつす」というので、ありのままを映すというイメージを持ちがちですが、決してそうではない。

カメラを使うのに正解はないんです。
どの写真が正しいかなんてない。いくらでも選択肢はあるんです。

どのカメラを使うか、絞りや焦点距離、シャッタースピード、レンズやフィルター、そして被写体、構図。
何を表現したいかで全てが変わってきます。
フォトグラファーの表現によって、全然違うものが撮れるのです。
そんなことから考えると、写真は紛れもなくアートなんだな、と。
改めて思ったりしたのでした。
posted by アカシロイズミ at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

月の光は螺旋の響き

lca_c2.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはコニカミノルタCENTURIA100です。
LC-A、久々です〜。やっぱり、LC-Aも大好きだなぁ。


月の光は螺旋の響き
私の螺旋を駆け上がり
私の鼓膜
私の遺伝子
私のこころをふるわせる

ふるえたこころが
紡ぎ出す言葉は
ねっとりと月光の色を帯び
そして響きは伝わって行く

ひとは
あらゆる響きを受け取るように
出来ているんだ

ああ今夜も
月の光がやかましい


これは太陽ではなく、月です。
夜というか、明け方なんですよ、これ。
月の光は螺旋だなと、私は思います。
いや、何となくそんな感じが。
だから人への影響が強いのではないかと。
そんな気がしたりするのです。
posted by アカシロイズミ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月27日

あの太陽は君によく似ている

lca_c1.jpg

久々LC−A写真です。フィルムはコニカミノルタCENTURIA100。
一回、故障を直してからLC−Aをあまり連れ出していません。
最近はスメハチ君ばっかりだったので、次のお出かけにはLC-Aを連れて行こうかな。


君がここにいないのが
なんだかとてもさみしい
君がここにいないのに
なんだかとてもいとしい

北国の冬
湖に沈む夕陽は
とてもとてもおだやかで
なんだか泣きたくなったんだ
君が愛しくなったんだ

僕らの恋は
空一面を赤く染めるような
そんな情熱的な恋じゃない

厚い雲に隠されて
温度を伝えることもままならない
もどかしい恋だけど
雪の日の太陽みたいな
君が好きだよ

ほらあの太陽は
君によく似ている



琵琶湖です。最近、NHKの「功名が辻」でふるさとが舞台になることがあって、かなり燃えました。なんというのか、ふるさとやそのご近所さんが舞台になると無性に心が浮き立ちますねぇ。
子供の頃、遊び回った○ヶ崎城や○筒山であんなことがあったとは・・
「へぇ」が多すぎて、恥じ入りました。ふるさとの歴史ぐらいもうちっと勉強しよう・・
次は賤ヶ岳ですな。小学校の時にのぼりましたよ。
次回が楽しみです。ふはふはふは。
posted by アカシロイズミ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(1) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

その黄金はいつだって君を包んでいる

l_a30.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはagfa vista100です。

晴れた空に伸ばした君の小さな手
追いかけて振り仰げば
日の光に目を細める

天には黄金の葉
さらさらと頭上を飾る

いつか話すよ
君の生まれた日
君のパパとママが
この黄金の葉の下で
君の名前を決めたこと

その黄金はいつだって君を包んでいる
それを覚えていて

ちょっと前の写真なのですが、やっぱり気に入っているので、多少季節がはずれていますがUPしました。
銀杏って好きです。
posted by アカシロイズミ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

世界は不思議と奇跡に満ちている

l_a29.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはagfa vista100です。


実のなる木は
いつだって不思議で
幼い頃から私はいつも
飽かずにそれを眺めていた

当たり前のことを見直してみると
世界は驚くほど鮮やかに輝き出す

顔を上げてご覧
世界は不思議と奇跡に満ちている

君がここにいること
その存在自体が既に
素敵な奇跡なんだ
posted by アカシロイズミ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。