2006年05月31日

そして幸せな嘘は続く

baby_iso100_36.jpg

ベビーホルガにて撮影。フィルムはiso100です。

なんて幸せな嘘なんだろう
永遠なんて
永遠の愛なんて

どんなにロマンチックで
ドラマチックな恋を成就させたって
人の心は変わるもの
コンタクトを怠れば
いつだって離れていくよ

一瞬先に何が起こるかだって
誰もわからないんだ
ましてや永遠なんて

なのに君はまるで愚者の様に
永遠の愛を誓う

頬を染め
胸を幸せで満たし
誓いのキスを
キスを

そうか
誓いは願いなんだ
嘘ではないのは永遠を願う気持ち

そして幸せな嘘は続く



教会では「死がふたりをわかつまで」と言っていますし、結婚式で永遠を誓うことはないんですけどね。笑

永遠の愛なんて、ないと知っていても誓いたい気持ち。
分かるような気がします。

うわー、旅行記アップできていません。すみません〜〜。
アップ分、書き上がっているのですが、なかなか・・ううう。
もうちょっとだけお待ち下さい〜。
posted by アカシロイズミ at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ベビーホルガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

君の迷い道にも花は咲いている

lca_g4.jpg

LC−Aにて撮影。フィルムはコダックgold100です。

辛いことばかり
醜いことばかり
迷って転んで泥だらけ

無様な人生だと
無意味な人生だと
君は君の過去に
蓋をしようとするけど

だけど思い出して
君の迷い道にも
花は咲いていたはず


本当に何もなかった?
楽しいことも嬉しいことも
美しいと感じた何かも
愛しいと思った誰かも

大切に感じた
それらのものを
苦しさで手放さないで
悲しみで蓋をしないで

今の君がこんなにも
優しくて暖かいのに
君が過去に
何も受け取らなかったわけはないんだ

君は優しさを
あたたかさを
うつくしさを
ちゃんとどこかで
受け取っているはずだよ


ほら
思い出して
君の迷ってきた道
君に降り注ぐやさしい花々

そして
いつか僕に
その花の話を聞かせて


ピントばっちりではないのですが、この距離感が欲しくて、あえてシャッターを押しました。教科書的な写真ではないですが、気に入っています。えへ。


旅行記、慌ただしくてなかなかUPできませぬ。すみません〜〜。
今日、明日あたらいに続きを!続きを〜〜!
posted by アカシロイズミ at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

ひとはどうしてひとを殺すことを止められないんだろう?

baby_iso100_35.jpg

ベビーホルガにて撮影。フィルムはiso100です。


どうして
自分だけは特別だと思ってしまうんだろう?
どうして
自分の世界の外の存在を大切に思えないんだろう?

自分の死は
他人の死と等間隔で
そこら辺に落ちている
思っている以上に
ありきたりなものなんだ

それはまるで
隣り合う花のように
世界は隣り合って存在している
そしていつだってその重さは同等なんだ
みんな自分の世界が特別なんだよ

それにみんなが気付けば
きっとみんなが自分だけではなく
自分以外もきっと
大切に出来ると思うのに

ねえひとは
どうしてひとを殺すことを止められないんだろう?



映画「ホテルルワンダ」を観てきました。
いろいろ考えさせられる、いい映画でした。
(映画の詳細は、めんどくさいので気になった方は検索してね←不親切)

が、隣の女の子の「可哀想」という発言に、なんとも微妙な気持ちに。
結局、他人事なんですね。彼女にとって。
この映画は、憤り、悲しむべき映画であって、同情したりボロボロ泣く様な話ではないと私は思うのです。
まあ、私の私見ですが。

可哀想な映画が観たいなら、他の映画を見に行け。
なんて思ったり。いやはや。

旅行記、明日UPしたいなぁ。
あくまで希望ですが。
posted by アカシロイズミ at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ベビーホルガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

だから、深く息を吸って

s8s_30.jpg

SMENA8Mにて撮影。フィルムはコニカミノルタcenturia100です。


他人の好意に臆病で
他人の嫌悪に敏感で
大切なものをつくりすぎて
君はがんじがらめ

でもね
本当に大切なものだけ
君は持っていないんだ

その胸の真ん中にポッカリと開く穴に
君は何かを埋めてしまいたくって仕方ない

抱きしめる何かが
欲しくってしかたないんだ


実は簡単なこと
本当は簡単なこと

ほら
自分の中に潜るんだ
欠けてしまった自分の欠片を見つけて
そっと抱きしめたら穴は埋まる

だから
深く息を吸って

深く深く息を吸って
君の深海へ



周りの求められるがままに生きて、ポッカリと胸に穴が空いている。
それは辛いと思います。
おそらく必要なのは、自分の中にある自分を満たす欠片なのです。
どぷん。
posted by アカシロイズミ at 05:14| Comment(4) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

「camera!camera!camera!」1周年、ベビーホルガプレゼント企画!

気がつけば6月2日で「camera!camera!camera!」は1周年を迎えます!
ウワ〜〜!1年!そう考えるとなんだかこみあげてくるものが!

まさか自分でもこんな風に(たまにはお休みを頂いたりしていますが)ほぼ毎日更新という形で、1周年を迎えられるとは思っていなかったので、なんとも感無量です。

これも、いつも優しい言葉を書けてくださるみなさん、見に来てくださるみなさんのおかげと思っております。

というわけで、感謝の気持ちを込めて。
「camera!camera!camera!」1周年ありがとう!ベビーホルガプレゼント企画!を行います!
みなさん、是非応募してくださいね!


景品はベビーホルガ+アカシロ手製の説明書+初心者サポートを1名サマに!

応募方法は、応募期間内にこの記事にコメント、もしくはトラックバック!
      (但し、アダルトなブログは申し訳ありませんがトラックバックを削除させて頂きます。コメントも同じく。また、トラックバック・コメントの内容も不適切な場合は削除致します)

応募期間は、本日〜2006年6月2日

抽選発表は、6月5日(火)の夜
      本ブログ「camera!camera!camera!」で発表致します。
      発表後、ブログなどでご本人様のメールアドレスが分かる場合は
      アカシロからご連絡致します。

抽選方法は、応募してくださった方の名前を書いた紙を箱に入れて、任意で選びます。うわー、アナログですね。笑
尚、当選の結果お聞きする個人情報は、景品を送るためだけにお聞きし、その後は記録を消去致しますのでご安心下さいませ。

この企画の紹介をブログでして、その上トラックバックをしてくださった方には、お礼として抽選の際、2枚の紙を入れますね。
是非この企画をお知らせ下さい♪

それではそれでは!
恥ずかしがって誰も参加してくれなかったら・・自分のセカンドベビーホルガにしちゃいますよ♪
でも、それは寂しいので是非是非ご参加下さい!
posted by アカシロイズミ at 01:50| Comment(14) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

太陽は見つからなくて

sis100_28.jpg

シスターホルガにて撮影。フィルムはiso100です。


君を思う帰り道
見上げても太陽は見つからなくて

ねえどうして今頃
気付いてしまったんだろう?
気付きたくなんてなかったのに

僕の気持ちは
まるでこの街灯みたいだ
太陽を見失って初めて
その存在に気付く

これから僕の人生には
君がいない夜が来るんだ
暗くなればなるほど
孤独に輝き出すおもい

ねえどうして今頃
気付いてしまったんだろう?
気付きたくなんてなかったのに



ちょっと暗めですが。
失ってみて初めて分かることもあるんですよね。
あ、相棒とケンカしたわけではないですよ。笑

2、3日中に旅行記の続きUPしたいなと思います。
posted by アカシロイズミ at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | シスターホルガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春追いの旅 つれづれ記 「5月2日 月山湖」

真夜中の東京、雨の高速道路を抜け、移動だけで5月2日もあっという間に半分を過ぎる。
私たちの春追いの旅。
東北への第一歩は5月2日の昼、山形県の月山湖からはじまった。


「なあ、月山ってどんなとこ?」
カーナビゲーションを覗き込んだ私が、運転中の相棒に尋ねたのがきっかけだった。

この旅に限らないのだが、乗物に極端に弱い私は、車に乗るとどうも正気を保っているのが難しく、たいてい意識を無くしている。
まあ、早い話が大半を寝て過ごしているのだが、これは自分がハンドルを握っても変わることがない。
ペチペチと眠気覚ましに額をたたきつづけて運転する私に命の危機を感じてか、相棒はそれ以来私に車の運転をさせてくれない。
というわけで、この旅も運転はもっぱら相棒。
このひとことも、惰眠をむさぼっていた私がいきなりぽっかりと目を覚まして発した一言だったわけである。

「おはよ。良く寝てたね〜。何、おなかすいたの?」
「人を本能のままに生きているような言い方すんな。あ、でも小腹はすいたかな」
私が月山に興味を持ったのは、そのロマンチックな地名によるものなのだが、確かに小腹は減っていた。ちょっと何か食べたい。

「月山ねぇ・・あ、月山湖の方になにかあったような気がする。昔、親父と来た時はあったよ」
「昔って何十年前よ、まだあるの?」
「ま、とりあえず行ってみようか。湖ぐるっと回るだけでも気持ちいいだろうしね」
 ということで、東北の最初の一歩は月山湖に決まったのだった。



天候は薄曇り。そのためか、行き違う車も少ない。
「晴れてたらもっと気持ち良かっただろうね」
「水っぺりは気持ちいい〜。あ、結構雪が残ってるんだね」
月山湖(寒河江ダム)をあっさり回って。
そしてたどり着きました、寒河江ダム展望広揚(旧道の駅にしかわ)
gw0502_001.jpg
(この看板が目印。寒河江ダム展望広揚で探すと良いかもです)

「運が良ければ大噴水が見られるよ」
相棒の言葉にウキウキと車から駆け下り、噴水の真正面についた途端に吹き上がる噴水。高さ112mの日本一の大噴水。見られるのは1時間に1回、14分間くらいだそうで。
「天気が良ければ、おひさまが噴水にキラキラ光って綺麗だっただろうね〜。虹も見れらかも」
ジャストタイミングな噴水と、あいにくの悪天候。運がいいんだか悪いんだか。

gw0502_002.jpg
(あまりの寒さにカメラを出すのを失念して、何とか撮ったのが携帯カメラの写真。すみません。。。噴水はかなり高くまであがる)
夏に来ると、ここは随分いい感じじゃないだろうか。是非夏にまた来たい。


噴水も堪能し、子供のように、いやムシロ子供以上にはしゃいではいたが、さすがに寒くなって売店へと急ぐ。
目に付くのは玉こんにゃくとソフトクリーム。
ソフトクリーム好きの私なのだが、さすがに寒くて断念する。

gw0502_003.jpg
(ラ・フランス、こくわ、山ぶどうとか、もう、そそられるものいっぱい!)
いろんな味があって、是非試したかったのだが、この後に絶対にはずしたくないところへ行く予定だったので、「お腹イタイ・・」となる危険性を考慮して、泣く泣く断念。
後で調べると、ここのソフトクリームはおいしいぞ、とのコメントがいっぱい。
むむ・・無理を押しても食べておくべきだったか。しかししかししかし。むむむ。


しかし、その代わりに食べた玉こんにゃくは美味かった。
なかなか表現しにくいのだが、擬音化するとシャミュシャミュだろうか。
しゃっきりと歯ごたえがあり、そしてクニュッと弾力がある。そして、じゅわっと口の中に広がる味わい。むむ、たまらぬ。

gw0502_004.jpg
(あまりの美味さに玉こんにゃくを売っていたおばちゃんをパチリ。やさしい、愛らしいおばちゃんです。山形美人ですな)
ちなみに、玉こんにゃくの写真はない。
写真を撮るまもなく、あっと今に食べ尽くしてしまったからだ。

玉こんにゃくに気を良くした私たちは、売店で月山ビールとさくらんぼワインを購入。
そして調子に乗って月山だんごを購入。アンや醤油味などに迷いながら、くさだんごをチョイス。月山だんごは売店内で食べることに決定。これが大当たり。

売店内に「ご自由にドウゾ」と用意してあったお茶を頂きながら、だんごを相棒と仲良く食べる。これがもっちりウマウマ!水がいいのか、お茶がまた美味い。
フゴフゴ言いながら食べた。

gw0502_005.jpg
(デジカメ間に合わず。笑。かろうじて携帯カメラの写真が残っていました。月山だんごは普通のだんごのようにひとつひとつが丸くなく、棒状にのばしたものを切ったようなかたち。太鼓みたい。これがまた美味しい)

gw0502_006.jpg
(ちなみに売店のお兄さんも、なかなか素敵だった。目から鼻に抜けるような気の利いたやりとり。ハキハキとした物言い。山形の人は男の方も女の方も暖かくて爽やかですね)

そうして腹も心も満たされ、私たちは寒河江ダム展望広揚(旧道の駅にしかわ)を後にしたのだった。


ちなみに、お土産に買った月山ビール(アルト)はえらく美味かった。
もっとたくさん買っておけば良かった!
さくらんぼワインも良かったけれど、ちょっと私たちには甘かった。
飲み尽くして、またもや写真無し。すみませぬ。
月山湖、また行くぜ!

かくして、ゴキゲンに私たちの春追い旅はすすんでいくのであった。



というわけで。
えっと、読みたい人がいるなら続き書きます〜。笑
本当に長くなってきたので、読みたい方がいなかったら何処か別の場所にもっていこうかと。笑
posted by アカシロイズミ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

歌を歌ってかえろうか

baby_iso100_34.jpg

ベビーホルガにて撮影。フィルムはiso100です。

それは
僕らがまだ子供だった頃

あの頃の君の手は
本当に小さくて
はぐれないようにつないだら
何だかふわふわした気持ちになったんだ

楽しくて嬉しくて
歌がこぼれてとまらなかった


小さな手と手をつないだら
思い出したよ
君と同じ優しい瞳
今は僕を見上げている


お母さんになった君は
ちょっぴり強くなって
僕に笑いかける

いまでもいつまでも
僕にとっては
君は愛しい存在です

さあ
歌を歌ってかえろうか



子供の手は、小さくてふわふわしていて不思議です。

旅行記の1部、今日中にUPできたらいいなと。
posted by アカシロイズミ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ベビーホルガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

あかいはな しろいはな

s8u_2.jpg

SMENA8Mにて撮影。フィルムはコダックウルトラカラー100です。

赤い花には赤い花の
白い花には白い花の
それぞれに理由がある

存在するすべてのものに
理由はあるんだ

君にだって僕にだって
その姿で存在する理由が
必ずあるんだよ

みんなと全く同じではないことを
悲しまないで

あかいはな
しろいはな
それぞれに生き方が違うだけ

違っていていいんだよ
早くそれに気付いて



生き方が違っていれば、色や姿が違っているのは当たり前。
みんなと一緒じゃなくても大丈夫。
それに気付くまで、結構かかったなあと。そう思った次第です。

旅行記、明日にでも1部UPします〜。
なんだかスバラ長くなってしまっていますよ、オイオイオイ・・汗
posted by アカシロイズミ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

君はちゃんと輝いて生きてる?

sis100_27.jpg

シスターホルガにて撮影。フィルムはiso100です。


死んでしまいたいと君は言う
夢見るようにうつくしく
儚くなってしまいたいと言う

死は美しいものだなんて
君は何か勘違いをしていない?

咲こうともせず
腐りゆく花の
何がうつくしいものか


うつくしい死に様などない
あるのは間際の生の輝き
その残り火に
ひとはうつくしさを見るだけ

うつくしい死を望む前に
君はちゃんと輝いて生きてる?



生に固着しろとはいいませんが、
ちゃんと生きないうちに死を望むのは間違いかと。
うつくしい死なんてないんです。
posted by アカシロイズミ at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | シスターホルガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

僕らの翼は忙しなく羽ばたいて

lca_g3.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはコダックgold100です。


湿った空に風を待ち
たちつくす大きな羽根
精一杯に胸を張り
風の声に耳を傾けている

そうか僕らの
この何処へも行けない翼も
この大きな回転翼と
同じものなのかもしれない

何処にも行けない
何処にも行かない
そこに何かを生み出すために

僕らの翼は
何処へも行かない代わりに
忙しなく羽ばたいて
愛の灯りをともすんだ


秋田の海っぺりです。
雨天だったのですが、この時だけほんのちょっとの晴れ間。

次はまたワンテン写真をUPしようかな、と思ったりしています。
posted by アカシロイズミ at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

今、新しい風が吹いた

s8u_1.jpg

smena8mにて撮影。フィルムはコダックURTLA COLOR100です。


新しい風が吹いた

ほら
好奇心が背中からはみ出しているよ
からだがうずうずしてる

新しい風は君に
帰り道を忘れさせる
君の足を
新しい冒険へと誘うんだ

風を見つめるそのまん丸な君の目に
世界はどんな風に見えているんだろう?

君の目はいつだって
新しい世界を見つめている


久々にフィルムを試してみました。
緑色が結構鮮やかに出ますね。
ネコの後ろ姿、なんともそそられます。
posted by アカシロイズミ at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

君は走り出すべき季節にいる

lca_g2.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはコダックgold100です。


さあ
駆け出そう


君は君の「可能性」なんかに騙されちゃいけない
周りは無責任に膨大な選択肢を
君に押しつけるけど

君が選択肢の膨大さに押しつぶされて
一歩も進めなくなってしまったとしても
誰も責任はとってくれないんだ

「何かになりたい」
胸の中で行き場をなくした力が
君を切り刻む

気付いているかな?
そうやって何も出来ず
どこにもいけないことが
一番辛いんだ

歩き出したっていいんだよ
走り出せばいいんだよ
でたらめだって
きまぐれだって

この青い空の下を駆け出すのは
今しかないんだ

はじめの一歩を踏み出そう
君は走り出すべき季節にいる



何をして良いか分からない。
考えてみると、それが一番苦しい状態だったような気がします。
解決策は案外簡単。
とにかく、はじめの一歩を踏み出すことです。
なんちって。
posted by アカシロイズミ at 23:50| Comment(3) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

何も問わぬ花々が答えを示してくれる

baby_iso100_33.jpg

ベビーホルガにて撮影。フィルムはiso100です。


人はいつまでたっても
成長しきれない存在で
だからいつまでも
問うことをやめられないのだろう

僕らは前に進むために
いつまでも世界から
謎を切り取り続けるんだ

なぜそらはあおいの
なぜたいようはあたたかいの
なぜはなはさいているの
なぜせかいはこんなにうつくしいの
なぜわたしはいきているの

人は問う
そして答えをさがす
そして前に進む

人として生きるということは
そういうことだと僕は思うんだ

問うこと
答えを探すこと
それが人の生きる術ならば
僕はとびきりうつくしい問いと答えをもって
先へと行こう

何も問わぬ
花々が答えを示してくれる


しばらくスメハチが続いたので、今回はベビーホルガで。
次回は、もしかしたらシスターホルガ写真になるかもしれません。
関東ではそろそろ薔薇がイイカンジになりそうです。
写真撮りに行くかな〜。
posted by アカシロイズミ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ベビーホルガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

満ち足るための完全なるピース

sis100_26.jpg

シスターホルガにて撮影。フィルムはiso100です。


つま先から髪の先まで
僕は満たされ
それがこころから溢れ出さないように
言葉をふさいだ

海の光
雲の影
ただそれだけ
ただそれだけ

生きるのに不器用な僕たちの器は
どうしてこんなにもすぐ
満たしたものを失ってしまうのだろう?

だからこそ不完全な僕らは
満ち足るための完全なるピースを
探し回って生きているのか


海の光
雲の影
それも完全なるピースのひとかけら



ようやくシスターホルガ&ベビーホルガの現像&スキャン出来ましたv
思ったよりもいいかんじです。えへ。

これは飛行機に乗ったときの写真です。
良いお天気ですんばらしかったです。
クセになりそう。うほ☆
posted by アカシロイズミ at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | シスターホルガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月13日

僕はどんな君でも見つけられる

s8g_7.jpg

SMENA8Mにて撮影。フィルムはコダックgold100です。
シスターホルガとベビーホルガの写真はスキャン待ちです。もうちょっとお待ち下さいね〜!


君を一生愛し続けるとか
君のためなら死ねるとか
そんな激しい愛の言葉は
僕には言えないけれど

激しさだけが愛をはかる基準じゃない
ほら、伝わるだろう?
握った指のあたたかさ

離れたって大丈夫さ
僕はきっと
どの世界のどんな君でも
見つけられるよ


どんなに大勢の中に隠れていたって
どんなに奥深くに隠れていたって
僕の目にはスポットライトが当たっているように
君が見えるんだ

そして手をさしのべるよ
君のために生きるなんてしない
ふたりで一緒に生きるための
方法を考えることができるよ

だから心配しないで
大丈夫
君は君らしく生きるだけでいい
僕はちゃんと君を見つけるから



雨降りは洗濯物が乾かなくって困ります。
撮影も、やっぱり晴れていた方がしやすいですしねぇ。
雨の日の撮影も悪くないのですが、トイカメラには向いていませんものねぇ。

GWでの身体のダメージもようやく少し、消えてきました。
このまま全快に向けてファイトです!
えいえい、お〜〜!
posted by アカシロイズミ at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

君は光の中にいる

lca_g1.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはコダックGOLD100です。


どんなに迷ったって
どんなに寄り道したって
その迷いや寄り道こそが君の生きる世界

迷って
寄り道して
たどりつくその場所が
君の世界なんだ

闇に怯えて閉じていた目を
そっと開いてご覧
ほら
君は光の中にいる


君が君を信じられるようになるためならば
僕は何度だって叫ぶさ
君は大丈夫、君は大丈夫だと

心配しなくていいんだ
このうつくしい世界を
ただ認めればいいんだ

いつだって君は
光の中にいる
わずかな暗闇に怯えて
目を閉じないで

ほら
世界はこんなにもうつくしい



ちょっとマイLC-Aの調子が悪いので、また分解しようかな〜と思っています。笑
まあ、問題のある箇所は大体分かっているので。
うまくなおるといいなぁ。

GWの写真、一気には無理ですが、ぼちぼちやっていこうと思っています。
posted by アカシロイズミ at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

それは遙か昔、そして未来の遠い記憶

s8_50.jpg

SMENA8Mにて撮影。フィルムはagfa vista100です。


いつか見た風景
いつか聞いた君の声
見たこともないのに
聞いたこともないのに
こみあげてくる懐かしいおもい

それは僕らが
みんな何処かでつながっている証拠なんだ
僕らの遺伝子の中に残されている
細胞の情報
いのちの記憶が
囁き続けるんだ

僕たちはこの世界の構成物で
巡り巡って創られている
たったひとりで存在することなんて
はじめっからありえない話なんだ

いつか何処かで
見たこともない風景に
聞いたことのない音楽に
懐かしさを感じたら
君は君自身をきっと
もっと愛おしく思えるはず

さあ
おもいだして
それは遙か昔
そして未来の遠い記憶


今、まさに旅行記編集中です。
思ったよりもなんだかいろいろ考えることがありまして、ついつい長引いています。
早くUPしなくっちゃ!

ただ今、シスターホルガ&ベビーホルガ写真の現像待ちです。
今週末くらいにup出来るといいなぁ・・
posted by アカシロイズミ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

僕の中で何かを咲かせるんだ

s8_49.jpg

SMENA8Mにて撮影。フィルムはagfa vista100です。


春は打ち寄せる
目覚めたばかりで
まだうつろな僕の都合など
お構いなしに圧倒的に

生命力の波が
僕の中に打ち寄せて
僕の中で何かを咲かせるんだ

さあ
咲き誇ろう
小さな花でもいい
立派な花でなくてもいい

咲くべき時に咲くことこそ
大切なこと
頑張って生きていれば
僕らには何度だって春は訪れる

さあ
咲き誇ろう
僕らの中に咲く何かこそ
この世界を動かしているんだ



ただいまです。東北から戻って関東は暑い〜とおもったら、スグに雨降り。
旅行あけの雨は困ります(←洗濯がぁ〜)

撮影旅行という名の苦行で(その割には楽しんできてたぞ)だいぶ疲弊しております。うぅ。
ちょっと熱っぽいです。養生しますので、旅行記はちょっとばかりお待ち下さい。
posted by アカシロイズミ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月05日

向き合うためにはちゃんとすり合わせが必要なんだ

s8_48.jpg

SMENA8Mにて撮影。フィルムはagfa vista100です。家にある最後のagfa vista100使っちゃいました。


君と僕の中にある
愛や理想は違うから
向き合うためにはちゃんと
すり合わせが必要なんだ

あれはイヤ
これもイヤ
それもイヤ

あれはダメ
これもダメ
それもダメ

片っ端からNOを出すのじゃなくて
君がどんな愛を求めているのか僕に教えてよ

僕の愛する君は可憐で素朴な白い花
だけど君はそれに満足しないみたい
違うというなら説得してよ

僕の愛する君と
君が愛されたい君の姿が
重ならないとうまくいかないでしょう?

違うモノを求め合ってちゃ
どこにも進めない
ふたりで進むのならば
それぞれが同じ力でオールを漕がなくちゃ



今日は弘前でほとんど何も食べずに5時間ほど撮影のために歩きっぱなし。
その足で十和田湖までやってきました。
えっと、これはいったいなんの苦行でしょうか・・汗
旅行中なのに、なんでこんなに慌ただしいのでしょうか・・涙
温泉とか〜、ごちそうとか〜、ゆっくりまったりを期待した私がおばかさんなだったのか・・

あ、でも撮影はなかなかイイ感じでできましたよv
基本的にそれがメインの旅行なので、かなり体力を消耗しています。
食って寝て、移動して、撮影して。
えーと、かなりボロボロです。うう・・

旅行記、頑張ってあげるぞぅぅぅぅぅ・・・・(遠ざかる)
posted by アカシロイズミ at 02:15| Comment(2) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。