2005年12月30日

誰かの軌跡

s8_40.jpg

SMENA8Mにて撮影。フィルムはagfa vista100です。
年末ですね〜。ネットに誰もいない。w
すごくサクサク動きます。



空を飛ぶ人もいる
大地を駆け抜ける人もいる
海をゆくひともいる

進み方はそれぞれ違うんだ
誰かの軌跡を見て
焦ることはないよ

君は君の進み方で
君の望むところへ行けばいい


もう数十時間で2006年です。
素敵な1年にしたいですね!
posted by アカシロイズミ at 23:49| Comment(4) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

夜を飾る花々

s8_39.jpg

Smena8mにて撮影。フィルムはagfa vista100です。
イルミネーションシリーズはスメハチで撮影していたので、ちょっとスメハチ続きます〜。
後で久々にLC-A写真でもUPする予定です。


夜を飾る花々は
何だかどこか華奢で
痛々しい美しさを持っている

陽の光を知らない
その柔な花びらが
どこか君に似ている



年末年始、出来るだけ頑張ってみます〜。
フィルム、感度については、もうちょっとお待ち下さいね!
posted by アカシロイズミ at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

君の手は僕の世界を支えている

s8_38.jpg

Smena8mにて撮影。agfa vista100にて撮影です。

クリスマス前にイルミネーションの撮影をしたかったんですが、ちょっと無理でした。
でも、冬と言えばイルミネーションなのでup。
スメハチでもイルミネーション撮れるんですv


冬の夜はまぶしくて
うつくしくて
どうしようもなく
君に会いたくなるよ

僕の心は
時々ひどく華奢で
こんな夜のうつくしさは
ひとりで受け取るには
大きすぎて重すぎるんだ

君の手のあたたかさが
僕の心を強くしてくれる

君の手は僕の世界を支えている



もうちょっとだけイルミネーション続けます〜!
えへ
posted by アカシロイズミ at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

冬の舞姫

s8_37.jpg

SMENA8Mにて撮影。フィルムはagfa vista100です。


落葉の中に冬桜
舞うようにかろやかに
その枝は伸びて


冬桜がまるでバレリーナのような風情でした。

クリスマスは相棒の実家にいました。
家族で過ごすクリスマス、なんだか充実です。
これから年末年始に向けて、世間は駆け出していくのでしょうね。
師走は慌ただしいです。
posted by アカシロイズミ at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

その花の名前

baby_iso100_16.jpg

ベビーホルガにて撮影。フィルムはiso100です。


その花の名前を
知っていることと
その花のうつくしさを
知っていることとは
全くちがうこと

ただ愛でるならば
名前はいらないでしょう?

記憶の中にとどまるものにのみ
名前はつけられる


あなたの目の前で咲き誇る私にとって
私の名前が何であるかなど
関わりのないこと

咲き誇る私をみて



少し前に撮った薔薇です。
花は色々好きなんですが、自分で育てようとすると間違いなく枯れます。
どうも私の指は茶色いみたいです。うう。
みどりの指がほしいなぁ。
posted by アカシロイズミ at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ベビーホルガ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィルム選びのコツ

えっと、「フィルムの感度」をやる前に。
「フィルムの感度」書き終わったら、何だか書くの忘れそうだなーというネタなので、先にUPします。笑
順序としては、「フィルムの感度」の後に来るネタだと思うんですが。


フィルム選びのコツ

フィルムは何を使ったらいいの?
今まで散々フィルムの特性を書いてきたので、リバーサルか、カラーネガか、モノクロか。
それらはもう決められますよね?
感度は次回に書く記事を参考にしてください。

で、あとは。
どのメーカーのどのフィルムを選べばいいのか。

基本的に、どのメーカーのどのフィルムでも私はいいと思っています。
とにかく「私はたくさん撮るの!」という方は、安くて手に入りやすいものが一番です。
フィルムは色の好みなどありますので、それぞれ自分の好みを少しずつ試していくといいと思います。
それぞれの特性はお店で聞けばたいてい教えてくれます。
箱におおよそは書いてありますし。

箱の色を参考に購入するといいかもしれません。
箱の色は各メーカーが「うちはこの色が綺麗だよ!」という色を持ってくることが多いので自分の撮りたい写真に合わせて、選ぶといいと思います。

また、カラーネガだと、現像屋さんで現像プリントしてもらうことも多いと思います。
なので日本では、やっぱり取り扱いが一番多いフジフィルムがプリントもキレイに仕上がる確率は高いのではないでしょうか。
また、フィルムも手に入りやすいですし。
日本のメーカーだけあって、日本の色彩感覚と合っていると思います。美意識がマッチする方が多いんじゃないでしょうか。
ただ、あんまり安売りしていないんですねぇ。(^^;)


あと、個人的にオススメなフィルムはコダックのULTRA COLOR(ネガ)とリバーサル(ポジ)でしたら、フジフィルムのベルビアです。
ちょっといいお値段しちゃうんですけどね。

あと、私個人としてagfa vista100に代わり、マイスタンダードフィルムの第1候補にあげているのがコニカミノルタのフィルムです。
もともと、ミノルタのカメラの出す色って好きなので、それがフィルムだとどうかしら〜と思って。箱も綺麗な水色ですし。
水モノ撮影が好きな(笑)私には、気になるメーカーなのです。


と、いうことで。
次回、「フィルムの感度」でフィルムに関してはおしまい〜。
参考にして頂ければさいわいです〜!
posted by アカシロイズミ at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ☆チップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

その痛みはこころが大きくなっているんだ

s8_36.jpg

SMENA8Mにて撮影。フィルムはagfa vista100です。


悲しいことがあふれて
涙も出ないくらいこころが痛くて
耐えられないと思っても

大丈夫
その痛みは
君のこころが充分に
成長したら穏やかになるから

成長期の真夜中
めきめきと伸びる背中や足が
痛むように

その痛みは
こころが急激に
大きくなっているからなんだ



今日はクリスマスイルミネーションを遅まきながら撮影してきました。
上手くいっていたら、多少ですがUPしたいと思っています。
でも、クリスマスすぎちゃってイルミネーションというのもなんだか変なので、上手くいったらちょこっとだけ。笑

しかし、寒い12月ですね〜〜。
実家の方ではかなり雪が積もっています。
posted by アカシロイズミ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

そこに潜むものに裏打ちされている

s8_35.jpg

SMENA8Mにて撮影。フィルムは、すみません、まだ引っ張ります。笑。agfa vista100です。


そんなに暖かな色をしていては
思わず触れてしまうじゃないか
命を削る波なのに

そんなに穏やかな姿をしては
足を踏み出してしまうじゃないか
そこからはもう戻れないのに

誘惑はいつも
穏やかに暖かに
うつくしいかたちで私に訪れる

それは恋と同じ
それはあなたと同じ

そのうつしさは
どこまでも容赦のない
そこに潜むものに裏打ちされている



夏でも夜明けの海は寒いなと思ったのですが、冬の海は容赦ないですね。
さむさむさむ〜〜(TT)
posted by アカシロイズミ at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィルムの種類(リバーサルフィルム)

トバしているうちにガガガガガガーンと書いちゃいます、フィルムの種類(リバーサルフィルム)
さー、よいこのみなさん、ついてきてねv

憧れのリバーサルフィルムです。
と、私のことはどうでもいいんですが。
プロカメラマンというと、リバーサルフィルムを使っているイメージがあって、私のように憧れた方もいらっしゃるでしょう。

 リバーサルフィルムつかっちゃうなんて、私ってプロっぽいvと自己満足もそれなりに楽しいのですが、折角使うのならば、やっぱり色々知っていた方が楽しいですよね〜。


☆リバーサルフィルム
 リバーサルフィルムは、現像すればその魅力がすぐに分かります。
 綺麗、キレイ、きれい〜、びゅーてぃふぉ〜〜!
 リバーサルフィルムは現像したフィルムそのものがとてもキレイです。
 いや、もちろん美しくないものをうつしたらキレイではないのですが。
 プロカメラマンのフィルムを見せてもらったら、もー、惚れますよ。
 と、脱線脱線。
 というように、リバーサルフィルムは「フィルムだけで作品」になっています。

 フィルムとしては、リバーサルはカラーネガの3倍ほど色の鮮やかさや描写力とでもいいますか、それが良いです。
 フィルムとしての性能は、リバーサルの方が良いと思います。
 その代わり、その分だけ露光に厳しいです。
 ネガフィルムよりも適正露光の許容範囲が狭く、しかも撮影後の補正ができません。
 ネガフィルムはプリントでカバーできるのですが、リバーサルはそれができないんです。

 そして、先ほど私は「フィルムとしては」いいました。
 そうです、プリントをつくるという点では、リバーサルはネガよりも優っているということはありません。
 ムシロ、プリントを作るという点では、ネガの方が優れているかもしれません。

 というのも、ネガとリバーサル、存在する目的が違うからなんです。
 はい、ここから重要です。テストにでるよ〜(でません)
 つまり、ネガとリバーサルの違いとは
 「プリント」がゴールであるネガに対して、「フィルム」がゴールのリバーサル。
 これです。
 えーっと、これでもうほとんど言うことはありません。(おい)

 リバーサルはフィルムの状態で、完結です。
 プロがリバーサルを使うのは、この特性からなんです。
 「仕事」で、プリントをする人によって仕上がりが違ってしまったら、仕事にならないですよね?
 現場でどんな繊細なフィルターワーク(フィルターなどを使って撮影すること)をしても、プリントでなくなってしまうと困るのです。
 だから、プロはフィルムで完結できるリバーサルを使います。
 リバーサルはもう既に色も濃さもみんなフィルム上で決定していますから。

 カラーの作品を作るのに、カラーネガの現像・プリントの設備は資金的にも場所的にもかなり大きいです。個人ではなかなかそこまで手を出せません。
 そこで「作品」を作りたい人は、パソコン上で暗室処理が出来なかった時代、撮影で「作品」として完成させることが可能なリバーサルを使ったのです。
 リバーサルはプリンターによって作品内容が変わることはありませんから。
 プリントまで手掛けられない場合に、リバーサルを使ったのです。
 まあ、それだけではないのですが、主な理由はこれですね。

 でも今はデジタルで暗室処理をすることが容易になってきました。
 パソコンもスキャナーもソフトも個人で買える値段ですし、場所も特別とりませんよね。
 「作品作り」にはとても恵まれた時代になってきました。
 リバーサルももちろん素敵です。でも、ネガの表現だって素敵なんです。
 それを両方楽しめる時代になったのです。
 楽しまなくちゃもったいないですよね。

 とはいえ、リバーサルの表現も私は好きです。
 やっぱり透明感がありますし☆(当社比)
 色も鮮やかでいいですよね。
 フィルム自体がキレイだというのもたまりません。

 まあ、結局フィルムに上下はなくて、あるのは特性。
 それなんですね。

 リバーサルフィルムは使いこなすのが難しいと思います。
 でも、それを使いこなしたら、また別の表現ができるようになってきます。
 繊細な操作にも応えてくれるそうですし。(アカシロはそこまで至っていません)
 いろんなフィルムにレッツチャレンジ♪

 素敵な写真を撮ってくださいね♪



 と、なんだか説明だかそうでないんだか、ちょっと疑問な説明でした〜。ふ〜〜〜。
 で、次はフィルムの感度についてですv
 その後、フィルムの選び方についてちょろっと書いてフィルムについては一段落の予定。
 いや、もう出ませんから。笑

 ではでは、次の記事をお楽しみに〜ぃ
posted by アカシロイズミ at 20:38| Comment(4) | TrackBack(0) | カメラ☆チップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

フィルムの種類(モノクロフィルム)

さてさて〜、期待して待って頂いているかどうかはわかりませんが、ちゃっとノッテいるうちに書いちゃいますよ〜。
おまたせ(?)のフィルムの種類(モノクロフィルム)です!


☆モノクロフィルム
 カラーネガフィルムとリバーサルフィルムとおなじくくりに入れるのはちょっと違うのですが、まあ説明ついでにということで。
 モノクロフィルムは、世界唯一モノクロリバーサルといわれていたagfa社のスカーラが製造中止になってしまった今、一般的に手に入りやすいものはネガフィルムしかありません。

ということで、説明は前回のネガフィルムを読んでください(アラ不親切)
ネガフィルムがカラーかモノクロかで違うだけです。

ネガフィルムとは「プリントのためのフィルム」なので(はい、ここさらりと重要)
プリントしてなんぼです。カラーもネガもね。

また、モノクロフィルムはフィルム自体がモノクロじゃないものもありますから、
モノクロプリントにせずにカラープリントすると、ものによってセピア色になったりします。
私が時々やっているようにフィルムをスキャンしてもOK。
これはなかなか味があって面白かったりします。
モノクロフィルムを手に入れた方は、ちょっと試してみてください。

また、モノクロとカラーは現像の溶剤が違います。
なので、ミニラボなどだとモノクロの設備がなくて、時間が余計にかかったりすることもあります。それを解決するためか、カラーネガフィルムと同じ処理ができるモノクロフィルムがあったりするのです。
私の知っているのは「イルフォードのXP2スーパー400」と「コダックBW400CN」がそうです。
興味のある方は、どうぞ試してみてくださいね♪

と、まあこんな感じでしょうか。
モノクロ愛好者は「自分で最後(プリント)まで手掛けられる」ので、こだわって写真を撮っている方には、多いようですね。
デジタルが普及して暗室作業がパソコン上で出来るようになった今、モノクロにこだわらなくてもいいとは思いますが、モノクロの魅力もやっぱり捨てがたいもの。
どんどん試してみてくださいね♪

さー、次はカラーリバーサルだ!
posted by アカシロイズミ at 23:16| Comment(2) | TrackBack(0) | カメラ☆チップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

水面をうめるものたちは

baby_iso100_15.jpg

ベビーホルガにて撮影。フィルムはiso100です。

花のない季節
水面をうめるものたちは
静かに静かに葉を増やし
そして花開く季節を密やかに待っている


蓮の種類なのだと思いますが、水面をうめる丸い葉が好きです。
水面をうめるものたちは、ひそやかで、私の心をくすぐります。
posted by アカシロイズミ at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ベビーホルガ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

まっすぐにまっすぐに生きていくだけが正解じゃない

s8_34.jpg

SMENA8Mにて撮影。フィルムはagfa vista100です。


まっすぐにまっすぐに
生きていくだけが正解じゃない

折れても曲がっても
傷ついても
それは決して間違いじゃない

懸命に伸ばした枝に
瑞々しく葉はしげり
そしていっぱいの太陽

どんな枝にも命が輝くから



今、東京はイチョウ並木がすごいことになっています。
毎年11月の終わりに落葉なのですが、今年はだいぶ遅いです。
イチョウ並木の落葉。
なかなか風情があって良いです。
寒いけど頑張って撮りに行こうかしら。
posted by アカシロイズミ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

それは風によく似ている

s8_33.jpg

SMENA8Mにて撮影。フィルムはagfa vista100です。
冬の海は鼻の中が凍りそうに寒いです。うぅ〜。



あらゆるところへうつくしい波紋を描き
全てのものに変化をあたえるもの

直接見えなくても
音や肌やもっとちがう何かで
感じ取れるすべて

ひとの真ん中で熱く燃えているなにか

それは風によく似ている



フィルムについて、書き始めたら案外長くなっちゃいました〜。
最後には感度についてまで、かるーくですが書きたいな〜と思っていますが・・
えーっと、私飛ばしすぎていません?ついてきてます〜??どきどき。
posted by アカシロイズミ at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

フィルムの種類(カラーネガフィルム)

えっとフィルムについて。
ここもちょ〜初心者さんに向けて書いているから、
「へへん、そんなこと知ってて当たり前さんサン〜♪」な方は
かる〜ぅく読み飛ばしてくださいね。

ええ、かるぅ〜く。


ではいきましょう、初心者さん、いきなり本題です♪
えっと、前回フィルムの形状について、面倒なことをちまちまちまちま書きましたが、
今回もそんな感じで☆
トイカメラに関係しないところは、ちょ〜っと飛ばしますね。えへ☆

・・・と思ったんですが、チョット☆長くなっちゃったので今回は他の特性もかるーく飛ばしちゃいます。語るのはカラーネガフィルムだけ。
次はそんなに長くないと思います。・・ハイ。


☆ネガフィルム(カラー)
 普通フィルムって言ったらこれでしょ?的な超普及フィルム。
 現像したフィルム見たら一目瞭然に、フィルム自体はカラーじゃアリマセン。
 ひとつ色を決めて、それを基準に全体の色が決まるというもの。

 ネガだけでは色は決まらないんです。
 つまり、プリントする時に色を決めているんですね。
 だから、プリントする人の美意識で結構仕上がりが違ったり☆
 
 まあ、大体のプリント屋さんはプリントする機械の標準でいつも焼いているでしょうから、そんなに極端な違いはないかもしれませんが、美意識の高いプリントを出してくれるプリント屋さんも、ちゃんといます。
 そういうプリント屋さんに出会えたら、ラッキー☆です。
 ああでも、普通のプリント屋さんでも プリントするときに「チョット黄色を押さえて」とかいってやってもらうことも可能です。たぶん。

 モノクロも含め、ネガフィルムに関しては、プリントも含めないと「作品」と認めないと、おっしゃる方もいらっしゃるのは、ここの「ネガだけでは色は決まらない」特性が一番の争点なんではなかろうかと思われます。

 そういうプリントの暗室作業がここ最近のデジタル化で可能になってきました。
 ネガでも色にこだわりたい、最後まで自分でやりたい!けど・・個人でプリントすると、溶剤は出るし、水道代はかかるし、設備投資は大きいし、暗室狭いし、家族に肩身せまいし〜という(いいすぎ)個人の方や、プロがデジタルを取り入れているのはこういう点が大きいと思います。

 取り込んだままで出すのがいいんだ!色を調整するのは、ずるじゃない?みたいな、変な罪悪感を持っていらっしゃる方もいるようですから、この際はっきり言いますと。
 ネガフィルムだけでは色は決まらないんです。指定して、やっとプリントするんです。
 ネガのスキャンの場合、スキャナーは「まあこんなもんだろう」というので出してくれます。それはあくまで「こんなもんだろ、ホレ」的なもの。
 色、いじっていいんです。
 むしろ、いじって「作品」にしてください。
 暗室作業をパソコンでやっているようなものです。大丈夫。

 えーっと、話はちょーっと脱線しちゃいましたが☆
 カラーネガフィルムの魅力は、フィルムも現像代も安くて早いこと。
 あと、リバーサルだとどうしても色の幅が広くて、こう、くっきり☆的な写りになりがちですが(いや、私の腕の問題も多少ありますが・・)ネガはなんというのか優しい感じ?(笑)
 いやいや、ふざけているつもりはないんですが。

 再現性とか描写力とか、そういうものはリバーサルフィルムの方がそりゃあ優れていますが、カラーネガの感じも捨てがたいです☆
 それらは、実際に試して感じてくださいね。
 ネガとリバーサル、どちらがすぐれているなんてないんです。
 あるのは特性。
 どちらがあなたの表現にいいのか、それを考えて選ぶこと。
 それがベストチョイスだと思います☆



ここまで読み終えた、素敵なあなたに拍手☆です。

次はフィルムの種類(モノクロフィルム&リバーサルフィルム)の「予定」です。
今度は長くならないぞう♪
たぶん。
posted by アカシロイズミ at 17:59| Comment(4) | TrackBack(0) | カメラ☆チップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

君といた日々

baby_iso100_14.jpg

ベビーホルガにて撮影。フィルムはiso100。
最近、seesaaが重いような気がします。うーん、どうしたもんだろう。


への字口、泥だらけで
離れて歩いた並木道
全く違うふたりなのに
何故かいつも一緒だった

焦って焦がれて
やけどして
走って転んで
泥にまみれて

いっぱい泣き叫んだよ
いっぱい笑い転げたよ
いっぱいケンカしたよ

君といるとちっとも格好良くない
そんな日々だった

でもきっとこれが
青春ってやつなんだろう

きっといつかこの日々を
愛おしく思うんだろう
posted by アカシロイズミ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ベビーホルガ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

きみに世界中の花を

s8_32.jpg

Smena8mにて撮影。フィルムはagfa vista100です。
少し季節が前の写真ですが、いいかんじで気に入っているので。
コスモスは好きな花です。


きみに世界中の花をあげよう
うつくしいと思うものをすべてさしだそう
きみの中をうつくしさでいっぱいに満たしたら
きっと君はしあわせに笑えるようになるから

しあわせなきみの微笑み
僕にはそれだけでいい
それこそが僕にとって
天上でもっともうつくしい花だから
posted by アカシロイズミ at 23:55| Comment(3) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィルムの種類(大きさ・形状)

フィルムについての基本です。
もう知ってるよ〜って方は読み飛ばしてくださいな。


えっと、まず、フィルムの種類について。
フィルムにはいろんな種類があります。特性で分けると以下のようになります。

☆モノクロフィルム
☆カラーネガフィルム
☆リバーサルフィルム

他にも特殊なフィルムはいっぱいあるようなのですが、トイカメラで使用するのはこれくらいでしょうか。

また、カメラの形状も様々であるように、フィルムの形、大きさも様々です。

☆135フィルム(35mm)
☆ブローニー判
☆ポケットフィルム(110フィルム)

他にもいろいろあるとは思うのですが、とりあえずトイカメラで使うのはこれくらいですね。
まず、大きさ・形状の説明を先にしますね。


☆135フィルム(35mm)
 最も一般的なものですね。35mmという方もいます。
 通常、フィルムといったらこれが真っ先に頭に浮かんでくると思います。
 私が使っているカメラではLC−Aやスメハチで使用しています。
 最も普及しているだけあって、フィルムの種類が豊富。よりどりみどりです。
 装填して撮影し最後に巻き戻す必要があります。
 中には先に全部巻き戻してしまって、撮影すると1枚分ずつ巻き上げてゆく・・というカメラもあるようですが。
 現像が一番はやくて安く仕上がります。



☆ブローニー判
 135フィルムよりも大判のフィルムです。
 中判カメラで使用します。トイカメラで言うと、holga120シリーズなどで使用します。
 トイカメラじゃないものだと、憧れのハッセルブラットでも使用します。
 ブローニー判はとにかくフィルム自体が大きいので、迫力のある写真が撮れます。
 描写力があって、かなり魅力のあるフィルムです。
 ブローニー判のフォルムが使いたくて、中判カメラを選んでいる方もいらっしゃるようです。
 
 形状は裏紙とよばれる黒い紙にフィルムが包み込まれています。
 巻き戻しはありません。巻き取り側にスプール(巻き取り軸)があり、撮影するたびに巻き取り側のスプールにフィルムを巻きます。巻き取り側にフィルムが全て巻き取られたら、そのスプールごと外して、巻止めの封をして現像に出します。
反対側に残ったスプールを次回の巻き取りスプールに使います。

 一般的に120というサイズを使いますが、220というサイズのものもあります。
 しかし、220はHOLGA120シリーズでは使えないのでご注意クダサイね。

 現像は、少し時間がかかります。


☆ポケットフィルム(110フィルム)
 135フィルムよりも小さいものです。カートリッジになっています。
 トイカメラで言うと、ベビーホルガやシスターホルガ、ハリネズミカメラシリーズなどで使用します。
 現在、国内で入手しやすいポケットフィルムはコダック(iso400)かフジフィルム(iso100)くらいです。私の知っている限りではカラーネガしかありません。

 フィルム自体が小さいので、プリントすると粒子が粗く、ざらっとした感じになります。
 ボンヤリとした独特の映りが好きで、愛用している方も多いです。
 これも巻き取り式。巻き戻しはありません。

 現像は135フィルムに比べたら時間がかかります。
 現像されたフィルムが小さくて可愛いです。



 あとは、apsフィルムなどありますが、トイカメラではとりあえず使っていないようなので飛ばします。
 あと、インスタントフィルムですか。
 これはまあ、インスタントカメラに使うと。
 トイカメラとは少し違うので、これも飛ばし。

 と、今日はここまで。
 続きはまた今度〜☆
 次はフィルムの種類(特性)について書きます。
posted by アカシロイズミ at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ☆チップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

フィルムの選び方あれこれ 前書き(笑)

愛用していたagfaのフィルムが手に入りにくくなりました。
もうしばらくしたら、入手できなくなっちゃうと思います。
新しくフィルムを開拓せねば〜と考えていたところ、同じようにagfaのフィルムを愛用していた方たちに「これからフィルムどうします?」と聞かれることが多くなりました。

中でも、驚いたのが
「トイカメラのフィルムはagfa vistaでなければならない!」みたいな方が何人かいらっしゃって、これはなんとかせねば、と本気で思いました。

私もagfa vistaは大好きで、メインのフィルムとして使っていましたが、トイカメラのフィルムはagfaじゃなきゃだめだ!という訳ではありません。

ということで、フィルム選びのあれこれ。
フィルム選びの際に必要な知識&マメ知識を、やさしく解説しようかな〜と。

フィルム選びに役立てて頂けると嬉しいです♪
posted by アカシロイズミ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ☆チップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

人生に必要なのは、お手本じゃない

s8_31.jpg

SMENA8Mにて撮影。フィルムはagfa vista100です。

もっと好きにして良いんだ
親や周りの大人たちの生き方を
なぞる必要はないんだ

レールの上でも安心できない時代だから
それならばもっと先まで行ってみないか

お手本を探すことをやめたら
君はきっと
君自身の輝きに気付くことが出来る

人生に必要なのは
お手本じゃない



寒くなってきました。
シャッターを押す指が震えます。笑
でも、手袋ごしにシャッターを切るのはなんだかなぁ・・
ということで、今日もかじかんだ指でシャッターボタン押しています。
posted by アカシロイズミ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

目の前には無限が広がっている

l_a24.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムは・・すみません、ちょっと曖昧。
たぶん、agfa vista100です。


振り返ってごらん
そこには累々と続く
千億百億の時間が堆積している

足元を見てごらん
現在は絶え間なく変化している

そして
顔をあげてごらん
目の前には無限が広がっている

生きるのに
焦ることなどない

大丈夫
未来は広がっている
君はただ
顔を上げていればいい
posted by アカシロイズミ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。