2005年10月31日

乾いていることにこだわることはないと思うんだ

l_p_a6.jpg

LOMO,LC-Aにて撮影。フィルムはリバーサルフィルム。やっぱりフジフィルムのベルビアです。w


誰にだってなんだかぐちゃぐちゃな気分になるときがある
静かに落ち着いた風景じゃ
心が静まらなくて
波に足をざぶざぶと濡らしたくなるとき

でも
それも悪いコトじゃない

四方八方がぐるりと海になってしまったら
濡れているのは当たり前でしょう?
足も腕も髪もシャツも
波しぶきで濡れてしまったら
目の下だけが乾いていることにこだわることはないと思うんだ



土、日、ちょこっとだけ写真が撮れましたが・・む〜。
なんだか満足度が低いです。
やっぱり朝からお弁当もって・・というのが素敵。w
さあ、今週はリベンジなるか。笑
posted by アカシロイズミ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

なんにもない、なんでもない

s8_16.jpg

Smena8Mにて撮影。フィルムはagfa vista100です。

川のほとり
特に目立つものなど何もなく
昼下がり
ただ、ほとほとと足を運ぶ

疲れたね、疲れたよ
なんにもないね、なんにもないよ
そう言いながら

良い具合のくぼみに腰掛けて
風に吹かれていれば
くたびれた昨日のことだって
なんでもないことになっていることに気付く

なんにもないは、偉大だ


土日は晴れて欲しかった。
そう思う私は、わがままですか?
わがままですかぁ〜〜〜。涙。
思う存分ロケにいきたいです。
posted by アカシロイズミ at 23:44| Comment(6) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

あなたがとてもうつくしいことに気付いたんだ

baby_iso100_8.jpg

ベビーホルガにて撮影。フィルムはiso100です。
やっぱり、こういう写真が撮れると、ワンテンもいいな〜と思います。
LC−Aもスメハチもホルガ120FNも大好きだけど、ベビホル・シスホルもやっぱりいいなぁ。


久しぶりに見上げる空
東京の夕暮れもうつくしいのだと気付いたとき
隣でいつものように笑ってくれる
あなたがとてもうつくしいことに気付いたんだ


土日は、ロケに行く予定なんですが。
晴れるといいなぁ。

そのうち集まれる人だけでもみんなで集まって、トイカメ撮影会やってみたいです。
新宿御苑なんか、楽しそう。
ワークショップとかじゃ全然無いんだけど、まずは皆で撮影会ってのも楽しそうだなぁ。
posted by アカシロイズミ at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ベビーホルガ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

濡れた足がつれていってくれる

s8_mono7.jpg

SMENA8Mにて撮影。フィルムはモノクロ。ACROSです。

穏やかな昼下がり
波打ち際を歩く
靴を片手に

時には足を濡らして
時には石を踏んで
海に向かうわけでもなく
陸に向かうわけでもなく

一直線に回答に駆け出さなくたっていいんだ
自分の足で歩き出すこと
辛いときはそれだけでいい

大丈夫
求めている居場所にはちゃんと
濡れた足がつれていってくれる


波打ち際の散歩は心をニュートラルに戻してくれるような気がします。
posted by アカシロイズミ at 23:58| Comment(10) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

打ち寄せるのは水ではない

h_p6.jpg
HOLGA120FNにて撮影。フィルムはリバーサルフィルム。これもフジフィルムのベルビアです。
私にはちょうど、好みに合っていて使いやすいフィルムです。

波打ち際に打ち寄せるのは水ではなくて
いのちのはじまり

太古の昔
生命は波打ち際で生まれたという
母なる海の中ではなくて
打ち寄せる有機の波が生命をはじめたのだという

いつでも新しいものは
境界線上で生まれている


これはノーファインダーで撮ってみました。
ノーファインダーならではのアングルですね。
posted by アカシロイズミ at 11:33| Comment(2) | TrackBack(1) | ホルガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

この空の下、たったひとり

s8_15.jpg

SMENA8Mにて撮影。フィルムはagfa vista100です。

台風が近づいてきているというので見上げた空
雲のスピードが恐ろしく速くて
あっけなく失う現実感

こんなたやすいことで
日常の安定感は失われてしまう

嵐の前、空の下
自分がたったひとりぽっちのような気がするこんな日は
きっとみんなあったかいお家の中で
あったかい飲み物を飲んで
あったかい誰かに寄り添いたくなるんだ

こんな日は何故か人恋しくなりますね。
posted by アカシロイズミ at 11:36| Comment(5) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

うつくしさの条件

l_p_a5.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはカラーリバーサル。フジフィルムのベルビアです。

地上まで届く波は
海水だけではなくて
そこにたどり着くまでに削り運んだ砂の粒や
有機の泡を宿している

純粋であることがうつくしさの条件ではないと
その波は教えてくれる

より力強く、より遠くへ
より複雑に、より単純に


最近は夜が長くなってきましたね。
でも、ちょっと夜更かししすぎな今日この頃。
気を付けなくちゃいけませんね。
posted by アカシロイズミ at 04:27| Comment(7) | TrackBack(1) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

夏の眠りは浅く、夢は深い

baby_iso100_7.jpg

ベビーホルガにて撮影。iso100の方です。
iso100でもちょっとオーバー気味(明るすぎて白っぽくなっている)な夏の日。
iso400だったら全滅だったかもしれません。

先日現像した中にあった夏の写真のうちの1枚です。
夏の日の休日、相棒とそろって午睡。


夏の眠りは浅く
そして夢は深い

夏という狂った夢のような季節をふりかえるたび
日々が連続していることを
私は不思議に思うのです


私にとって夏のあの暑さは現実感を薄くするものです。
眠りが浅い故の夢の深さとこんがらがって
私には夏のあの季節は
ずっと夢を見ているようなそんな気分になるのです。

夏が嫌いだ嫌いだと言っている割には
実は案外好きなんじゃないかと気付きはじめた今日この頃。

秋から冬にかけて。
これから私の好きな季節です。
たくさん写真を撮りたいなあ。
posted by アカシロイズミ at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ベビーホルガ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

流れて行くもの、留まるもの

l_a21.jpg

LOMO LC-Aにて撮影。フィルムは、agfa vista100です。

その場所は不思議です
そこには流れて行くものと留まるもの
そのふたつがある

誰も還らない場所
その隙間に
還る場所を失った心が惹きつけられるのかもしれません


最近、個人的にお天気に恵まれません。
カメラ持って出かけると雨か曇天。
曇天での撮影はLC-Aが良い味を出してくれるので、今度からLC-Aを持ち歩くことにします。
って、そう言っているときっと晴れるんだ。

秋の空はきまぐれですねえ。
posted by アカシロイズミ at 03:03| Comment(2) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

太陽の下、情熱的なキスを

s8_14.jpg

SMENA8Mにて撮影。フィルムはagfa vista100です。

花と蝶
カメラを手に忍び寄る私に気付かぬほどに
熱烈なくちづけを交わしていました

もう1枚こういうショットがあったんですが、こちらの方が何だか花と蝶がくちづけているように見えたので、こちらをセレクト。

私、かなりドンクサイほうなんですが、そんな私にも気付かないほど、蝶は夢中になっていました。
よほど甘美なくちづけだったんでしょうか。
posted by アカシロイズミ at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

月は地平に溶けて

h_5.jpg

ホルガ120FNにて撮影。フィルムは確かフジフィルム。カラーネガでiso100のものです。

これはホルガのバルブ機能を使って長時間露光で撮ったものです。
もうちょっと感度高めのフィルムを使ってもいいかな・・と思ったけど、あえてiso100。
ゆっくり時間をかけて撮っています。

海から西の月を撮ったものです。
手前は砂浜。
海辺のまちなみです。

光る点みたいなものは、新聞配達の人のバイクのライトです。
長時間シャッターを開けていたのでこんな感じに。
なんだか、光っている人影みたいにみえます。

夜明けを待つ海辺のまちを明るく照らす月
いつしか月は地平に溶けて

おだやかにおだやかに
夜が終わります


考えてみればこれも夏の写真。
モチィーフとしては、夏は好きです。
posted by アカシロイズミ at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ホルガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

永遠であり刹那であり

baby_iso400_10.jpg

久々。ベビーホルガにて撮影。iso100の方です。
撮りためて現像したら、中に夏が入っていました。


夏の日差し、冬の凍った空気
それらは時間を閉じこめてしまう力があるようです
時間の意味さえなくなってしまうよう

そこにあるのは永遠であり刹那であり
そして残るのは記憶だけ


過ぎてみると、夏は愛おしいです。
真っ最中は憎いばかり。
posted by アカシロイズミ at 23:56| Comment(4) | TrackBack(0) | ベビーホルガ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

うつくしい夜がくる

s8_13.jpg

smena8Mにて撮影。フィルムはagfa vista100。
あ、気付いたら続いていましたね、スメハチ写真。
ちょっと暗めの写真が続きましたので、次回は明るめにしたいです。

そろそろ、ベビーホルガかシスターホルガの写真をUPします。
たまにないと寂しいですし。笑
それぞれのカメラ、それぞれに可愛いんですよね、



幼い頃、夕暮れはひたすらに恐ろしいばかりで
夜はひたすらに真っ黒で

夜がうつくしいことを知ったのは
いつのことだったのか
夜をはらむこの夕暮れに
切なさを憶えはじめたのはいつのことだったのか


秋の夜長
幼い頃は辛い季節でしたが
今は大好きな季節です

すっかり秋めいてきましたね
部屋にいてもキンモクセイの香りがしています
posted by アカシロイズミ at 23:46| Comment(6) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

とおりゃんせ

s8_12.jpg

SMENA8Mにて撮影。agfa vista100です。

筑波山に行って来ました。
ちょっと暗い写真ですけど、感じが良かったので。
天神様じゃないけど、とおりゃんせ。笑

日本では山は神様なんですよね。
大体、山にはお社がある。
その他、多神教のインドとかはどうなのか、ちょっと気になるところです。

神社というよりも山道の途中に社があるって感じだったので、写真を撮れたのですが、ちゃんと神社神社したところだとなんだか写真も撮れませんね。
神社にはそういう雰囲気がやっぱりあるのでしょうか。

ちゃんとお参りしてきました。
足がガクガクです(いえ、コワイんではなく山登りで)
なまっていますね〜。笑
posted by アカシロイズミ at 14:25| Comment(3) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

はじめりとおわりはよく似ている

l_p_a4.jpg

LC-Aにて撮影。カラーリバーサル、フジフィルムのベルビアです。

朝日と夕陽
それらは同じもので違うもの
全く違ってとても似ている

それはヒトの人生に似て



朝日と夕陽は不思議ですね。
同じ太陽なのに、全く違う。
私はどっちも好きですが、海との組み合わせが好きなので関東では朝日ですね。

日本海側にいたときはカメラで遊ぶことをしていなかったので
今度行ったときには散々カメラで遊んでみようと思っています。
撮りたい風景がいっぱいです。
posted by アカシロイズミ at 23:57| Comment(6) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

やくそくの丘

s8_11.jpg

SMENA8Mにて撮影。agfa vista100です。


やくそくをしたんだ
きっと、なにかやくそくをしたんだ
大切な誰かと、大切なやくそくをしたんだ
ここで、この丘で

あの観覧車を見上げて
花を摘んで

遠い遠い記憶
したことのないやくそくを
思い出すような
そんな夏の終わり
秋の気配。


今回、スキャニングはカメラのキタ○ラさんにお願いしました。
フィルムの感じが出ていて、結構いいかも。現像のみプリントなし、CD焼きでお願いしました。
少しでも地球に優しくってことで。

お値段もプリントとそう変わらないし、質感もイイカンジなので今後はこの組み合わせでお願いするかも。
新宿西口(東京のね)のキタ○ラさんは、なかなか気に入っています。分かってくれてるってかんじ。電車賃出しても行く。笑
近くの方、おすすめですよ〜〜!
posted by アカシロイズミ at 23:57| Comment(4) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

明日へのおみやげを

l_a20.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはagfa vista100。最近フィルムで遊んでいませんね・・

私には珍しく(笑)夕陽です。
夕陽に輝く黄金の空。

毎日をさらりさらりと忘れていってしまうヒト。
ありったけの光を放って沈んでいく太陽。
今日を忘れないで。
今日が昨日とも明日とも違う1日だったことを忘れないでと。

私は日本海側の生まれ、育ちなので
夕陽が海に沈まないのがなんだか不思議です。


風邪からようやく復活。
ご心配おかけしました〜!
posted by アカシロイズミ at 23:52| Comment(4) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

水辺の記憶

sis100_8.jpg

シスターホルガにて撮影。iso100フィルムです。

何処かなつかしい、水辺の風景。
なつかしいのは風景なのか、それと水辺自体なのか。
ひとの生活の原風景なのか。

とにもかくにも、水辺はひとをなんだかセンチメンタルにしますね。
遠い昔、遙か昔。
生命が水辺を離れたときの記憶が体の中に残っているのかもしれません。


ちょっと調子を崩していました。
明日は元気にお出かけするぞ〜!笑
天気になるといいですね。
posted by アカシロイズミ at 23:53| Comment(6) | TrackBack(0) | シスターホルガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

光は砂に染みこんで

h_4.jpg

holga120FNにて撮影。フィルムはagfa vista100です。
じゃなくて(汗)、えっとブローニー版のネガフィルム。フジフィルムですね。これまたiso100です。
ホルガでも夜明けは撮れます。
ピーカンの晴れた昼間じゃないとholgaで写真は撮れないと言われていますが
120シリーズではバルブ機能があるので、それを使えばOK。
バルブとは、シャッターを押している間は、ずっとシャッターが開いていること。
微妙なブレもまた良い味です。
気になる方は三脚でしっかり固定してくださいね。


朝日に染まって波がよせる
砂に光を染みこませて
そしてまたかえってゆく

そしていつしか砂も黄金色に輝き出す
posted by アカシロイズミ at 01:41| Comment(8) | TrackBack(0) | ホルガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

同じ風を見ている

l_a19.jpg

撮影はLC-A。フィルムはagfa vista100です。
ぼかしてみました。鳩たちのシルエットがいいかんじです。


飛び立つ前は全く違う先を見ていても
一斉に同じ方向へ飛び立つ鳩たち。

全く違うモノを見ているようで
でも、きっとそれは同じものを見ている。

ひともきっとそうなんだなあと思う。
違うモノを見ていてもそれは何処かでつながっている。
そんなことを思う、静かな休日。
posted by アカシロイズミ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。