2005年09月29日

Lohasgraphy(ロハスグラフィー)のすすめ!

l_lohas_b.gif

s_lohas_b.gif

アカシロイズミはlohasgrapher(ロハスグラファー)宣言します!

lohasgrapher(ロハスグラファー)とは・・・
Lohasgraphy(ロハスグラフィー)を提供することの出来るフォトグラファー、またはインテリアアーティストのこと。
環境を鑑みつつ、ひとのこころを癒し・揺さぶる写真を撮ろう、またはイメージ(写真)を使ってそういう空間を作ろうと志し、そしてそれを実践するひとがLohasgrapherなのです。


Lohasgraphy(ロハスグラフィー)とは・・
心地よさ、生命感、いのちの伸びやかな感動、あたたかさ、愛や優しさ、スピリチュアルなもの・・・心をここちよく揺さぶるイメージがすべてLohasgraphy(ロハスグラフィー)です。

空の写真、山の写真、街の写真、犬の写真、猫の写真、子供の写真・・・
誰かが決めた「正解」はありません。
自分が「これだ」と感じるイメージが、自分にとって正解であり、Lohasgraphy(ロハスグラフィー)なのです。


Lohasgraphyを提供する人も、是非Lohasgraphyを飾ってください。
視覚から入る情報の、心の健康への影響はかなり重要。
そして人生は、心の状態で変わってくるのです。
イライラを鎮める一枚、モチベーションをあげてくれる一枚がいつもそばにあったら、毎日が変わってきますよね?

しあわせな人生を自分自身の心の状態をコントロールすることで、自分でつくっていく。
その一助になりたいと思うのです。
私は、そんな人になりたいのです。だから、Lohasgrapherになります!

作者がシャッターを押した瞬間の「いとおしさ」「感動」「嬉しさ」「楽しさ」「切なさ」。それら「ここちよさ」を感じる写真。
そういう写真を撮っていきます!


今までも、そんな気持ちで写真を撮ってきましたが、是非みなさんにもLohasgraphyを知ってもらいたくて宣言しました。
これから必要なのはLohasgraphy(ロハスグラフィー)です。
その担い手に、一緒になりませんか?!

バナーを用意しています。
近々、専用の説明ページとLohasgrapherサイト自動リンク集をつくる予定です。
私もLohasgrapher!というかた、目指す方、よろしかったらバナーを持っていってください。

今のところはまだ、ページが出来ていませんのでトラックバックでお願いします。
こちらからもトラックバックさせて頂きますね。

拙い文章をここまで読んで頂いてありがとうございました!
posted by アカシロイズミ at 04:27| Comment(14) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その手のひらが未来をつかむ

l_a18.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはagfa vista100です。

公園の水のオブジェに手を伸ばす女の子。
つぶやく声に、胸が震える。
「水って不思議」


大人になって理屈を知って
不思議じゃないモノが増えた。
空が青いのも、太陽が昇るのも、説明できるようになった。

でも「ものが存在すること」という一番の不思議には、
まだ理屈も付けられていない。

そんな不思議を思い出した昼下がり。
posted by アカシロイズミ at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | LC-A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

必要なのは、立ち止まること

h_p5.jpg

holga120FNにて撮影。リバーサルフィルム、ベルビアです。
スクエアのフォーマット、これはまたいいですね〜。
LC-Aとはまた違う味わいがあります。


常に動いていたのでは、シャッターは切れない。

その瞬間は、しっかりと立ち止まって、
息を止めて、目を見開いて、
愛おしさと、狂おしさに高鳴る胸を押さえつけ、
カチリと光を切り取るんだ。


人の人生にも同じコトが言えるのかもしれません。
重要なことは、止まらなければできない。

前に進めないと苦しんでいるのは、
その瞬間がとても重要だから。
そう考えると、立ち止まるときも辛くない様な気がします。



lohasgrapher(ロハスグラファー)宣言します!
「なんだ、そのlohasgrapher(ロハスグラファー)ってのは」
というのは、長くなっちゃうので次回に。笑

まあ、あと数十分後くらいにUPします。笑
お持ち下さい〜!
posted by アカシロイズミ at 23:57| Comment(6) | TrackBack(0) | ホルガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

駆け出さなくっちゃもったいない

l_a17.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはagfa vista100です。
オバアチャンちのまりちゃんです。正式名はマリーちゃんというらしいですが、私にはどうもみんな「まりちゃん」と呼んでいるようにしか聞こえません。
よって、まりちゃん。笑

いそげ、いそげ、いそげ!
駆け出すことが嬉しいのか、嬉しいから駆け出すのか。
わかんないし、わかんなくったってきっといい。
だって、こんなに胸がうきうきわくわくするんだモン。
駆け出さなくっちゃもったいないでしょう?

そんな感じで、お散歩中です。
帰ったら汗だく。笑
posted by アカシロイズミ at 03:52| Comment(6) | TrackBack(0) | LC-A バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

フリーマーケット台風により中止だそうです

9月25日、今日予定だった、成増でのフリーマーケット、台風により中止だそうです。
がっかり〜〜。うう。

今後も何処かに参加したいと思っておりますので、おしらせしますね!
楽しみにお待ち下さい!
posted by アカシロイズミ at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

焦がれて、染まって、同じになれない

sis100_7.jpg

シスターホルガにて撮影。フィルムはiso100です。

なんじゃこりゃあ、って感じでしょうか。笑
これ、海面なんです。
朝日の空をうつした海。


海は、まるで空に焦がれるように空の色をうつす。
同じ色に染まるけれど、やはり違う青。
ひとつになれない。同じになれない。

でも、それでいいのだと思います。
違う色だからこそ、ひとりぼっちじゃないでしょう?
同じになれない切なさが、人間を優しさに動かしているのではないでしょうか。


明日は楽しみにしているフリーマーケット・・なんですけど。
雨天中止なんです。
晴れて〜〜〜ぇ。晴れてぇ〜〜〜。(祈)
すっごく楽しみにして準備もしているんですけど。
台風さん、あっちいってください(><)
posted by アカシロイズミ at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | シスターホルガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

LC−Aの絞り設定(続きがあるかわかんないけど) その1

今回は写真なしの記事です。あ〜、アカシロには珍しいですね。笑
愛機を知ろう♪ということで、いきなりLC−Aです。

LC−Aの絞り設定について、ちょっと話題になったものですから、ちょっと説明を。
というか、コメントで絞り設定について、おだやか〜なお返事を書いていたら
「お前、不親切すぎ」との相棒のお叱りが入りまして。
「ちゃんと説明しないとわかんないでしょ」との言葉に重い腰を上げたわけです。
あ〜、どっこいしょ。

文章いっぱいで読み飛ばしたくなっちゃうかもしれないけど、
LC−Aユーザーのみなさん、知っておくにこしたことはないかとオモイマス。
よろしかったら読んでねん。
愛機への理解が深まること必至です〜♪



えっと、改めて書くのもなんだか、しゃちほこばっちゃうんですが〜。
LC−Aにはまず、絞り設定レバーというものがついています。
撮影距離を設定するレバーの逆にあるやつです。

買ってすぐにオートにしちゃって、そこでそのままの方も多いとは思いますが。
かく言う私もその1人なんですが、
この「なんのためにアンタ、絞り設定レバーなんてあるのよ」ということを、ちょっとお話ししてみようかなと。


まず、LC−Aの絞り設定とは・・
はい、ここ重要です。
「マニュアルではシャッター速度が1/60固定になります」
オートじゃなくなった途端に、シャッター速度が固定になるんですね。

というのも、このLC−Aの絞り設定、そもそもが「フラッシュ撮影のために存在する」ものだからなんです。
って、断言しちゃってるけど・・いや、多分そうです。


LC−Aでフラッシュ撮影を絞りオートのままですると、おそらく適正な露光で写りません。
というのも、LC−Aがフラッシュくんとの会話能力がなくて、フラッシュくんがついていても、認識できないんですね。


LC−Aのフラッシュ撮影とは・・
LC−Aくん側から「今、シャッター切るぜ!へへへい!」ってなお知らせがフラッシュくんに伝わって、ただフラッシュくんが「ていやっ!」と光るだけ。
・・・それだけ?
・・・そう、それだけなんです。

LC−Aくん、フラッシュくんがついていようといなかろうと、フラッシュくんを完全無視して露光をあわせちゃうんです。
マイペースなやつですねん。

フラッシュに伝わるのが「今、シャッター切るぜ!へへへい!」ってことだけで、シャッター速度は伝わりません。なので、シャッター速度が固定になる必要があるんですね。

つまり、フラッシュくんはLC−Aくんから「今だぜ、べいべー!」ってなお知らせが来たら、とりあえず1/60対応の光を出すんですな。ばしゃーーーっっと。
そういうことです。そういうルールになっているようです。

だから、そこで絞り設定が必要になってくるんです。
賢明なみなさん、いやーな予感がしてきたでしょ?(にやりん)
つまり。
「フラッシュ撮影には人間さまが対応しやがれ」ってことですな。
そのための絞り設定レバーです。
あ〜どっこししょ。笑


まあ、フラッシュ使用時じゃなくても、絞り設定をいじって使いたかったら、
シャッター速度が1/60固定だってことを念頭に置いて、適正な露光にすればちゃんと写真は写ります。
そうやって遊ぶのもアリだと思いますし、それで素敵な効果があるなら、私もチャレンジしてみたいな〜と思います。


さてさてさてさて。
今回は長くなって来たのでここまで!
フラッシュ撮影の際の絞り設定は、まあ、ご要望が高くなったら、もしくは気が向いたら(おい)書くかもしれません。

もしも間違っていることを書いちゃっていたら、相棒からのきっつ〜〜いつっこみがはいるので、もしかしたら後日修正されているかもしれません。たぶんないとおもうけど。

さ〜。ここまで読み通せた方のLC−A愛に拍手を!笑
posted by アカシロイズミ at 01:50| Comment(7) | TrackBack(0) | カメラ☆チップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

楽園を遠く離れて

l_a16.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはagfa vista100です。

ペンギンです。スキです。笑

彼らの故郷が彼らにとって楽園かどうかはわかりませんが、
かりそめの楽園で彼らは何を思うのでしょうか。
posted by アカシロイズミ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | LC-A バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

深海の孤独

l_a15.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはagfa vista100です。
また、モノクロをやりたくなってきた今日この頃です。でも、カラーもやっぱりいいんですね〜。

金色の魚という話を思い出しました。
もともとそういう話があったのか、その小説の作家さんの創作だったのか分かりませんが。

深海で寂しい魚がいて、他の魚に気付いてもらいたくて、
側に来てもらいたくて、ついにとうとう自分自身が他の魚たちに見つけてもらえるように
光り出してしまった。
でも、そこは深海。
仲間たちは、その魚がまぶしくて側に寄れない。
すると、その魚は益々寂しくなって、ますます金色に、まぶしく輝き出す・・
仲間たちはますます、近づけない・・

そういう話だったような気がします。

寂しいという気持ちが、人を孤独にするのかもしれないですね。


あかしろ屋本舗という名前で、セレクトショップはじめました。
イエローバンドも取り扱っています。
もしも興味ある方はどうぞ〜。
たくさんのかたに買ってもらいたいので、350円にしています。
posted by アカシロイズミ at 23:51| Comment(4) | TrackBack(0) | LC-A バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

夏の名残

l_a14.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはagfa vista100です。
夏の終わり。お店の軒先に大きなスイカを見かけました。
夏ももう、おわりですね。

秋の気配が迫る夕暮れに、スイカがぽつんと寂しそうでした。
posted by アカシロイズミ at 02:37| Comment(2) | TrackBack(0) | LC-A バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

空が勝手に蒼いだけ

h_p4.jpg

holga120FNにて撮影。フィルムはリバーサルフィルム。ベルビアです。確かフジフィルム。
ちょっと前の写真ですが、すがすがしくてスキなので出してきました。
空と花の色が素敵です。

花にとって、空の蒼さは光線の都合くらいしかきっと感じていなくて
美しくあろうと咲いているわけではないのでしょう。
勝手に人間が美しいと感じているだけ。

生きることを精一杯尽くしていると、人は美しさを感じるものなんですね。
美しさというものは、どこで感じているのでしょう。
ちょっと不思議です。


ところで、あかしろ屋本舗というショップをはじめてみました。
お気に入りだけを載っけようと思っています。
もしもよろしければ遊びに来てください♪
今のところはベビーホルガ(フィルム1本+アカシロ説明書+サポート付)載っけています。
よろしかったらどうぞ♪

あかしろ屋本舗
posted by アカシロイズミ at 03:26| Comment(3) | TrackBack(0) | ホルガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

その音は、何かに似ている

s8_mono6.jpg

久々、スメハチ(smena8M)にて撮影です。フィルムはモノクロ。アクロスです。

波打ち際の音を封じ込めたくて、シャッターを切りました。
波の音が聞こえるでしょうか。

波の音を聞いていると、心が静まるような、それでいて沸き立つような感じがします。
波の音は、何かに似ている。
何か大切なモノを思い出させる、忘れさせない、何か。

空っぽになったと感じたとき、波の音を聞きに出かけます。
posted by アカシロイズミ at 03:04| Comment(2) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

旅立ちには、もっともな空

l_a13.jpg

LC-Aにて撮影。これまたフィルムはagfa vista100です。

最近、ちいとポエマー気味ですね。反省しきりです。笑
体中にあっついポエマーの血潮が渦巻いているので、ついつい油断すると、ポエマーに。笑
あ〜〜〜ぐるぐる〜〜ぐるぐる〜
ちょっと芸人の血潮も混ざってそうです。


夜明けの海辺、海鳥たちが集っていました。
この海鳥たちは旅をする鳥ではないようなのですが、それでも旅立ちの空だなあと。
こんな空を見たら、きっと旅人は旅立ってしまうのだろうなあと。
きっと、旅人にとって、旅立ちにはもっともな空。
すべての旅人に捧げます。なんちって。



そうだ、お知らせをひとつ。
9月25日、日曜日に東京・成増、成増ACT広場のフリーマーケットに参加します。
相棒の作品と、トイカメラを販売しようと思っています♪
その他にも、面白そうなモノ用意できたらいいなあ・・
準備が間に合ったら、私も作品も並べちゃうかもしれません。
もしもご都合がよかったら、是非お立ち寄り下さいね。
posted by アカシロイズミ at 00:30| Comment(6) | TrackBack(0) | LC-A バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

しあわせになるために進むのではなくて

l_a12.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはagfa vista100です。

天気のいい昼下がり。緑がとても美しくて。
なんだかとてもしあわせだなあ、と思う。


しあわせになるために私たちは前に進むのではなくて
しあわせを確認するために進むのだろう。

いつまでも立ち止まっていたらきっと、
自分がこんなにうつくしくて愛しい世界に生きているなんて気付かなかった。


そんなしあわせな昼下がり。
posted by アカシロイズミ at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | LC-A バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

日曜日の国

baby_iso100_5.jpg

ベビーホルガにて撮影。フィルムはiso100の方。
相棒の親戚のお家に行って来ました。そのお家のまわりをお散歩中にぱちり☆

幼い頃、ちょっと変わっていた私は(え、今もですか)
「月曜日の国」「火曜日の国」・・とそれぞれ○曜日の国というものが、この世界のどこかにあって、
それで世界が回っているのだと思っていました。
(なんてとてつもない・・)

その私が想像していた「日曜日の国」が、本当にあるのなら、まさにこんなところ。
広くて、青くて、風が吹いていて、ぬくくて、風が気持ちよくて、全ての空気がお昼寝を誘っているような、そんな感じの。
まあ、実際は、ここにも現実や生活がちゃんとあるんですけど、それでも、私の「日曜日の国」に限りなく近い場所。

北陸で生まれて育った私には、こういう風景が憧れで、そしてなんだか不思議の国のような気がするのです。
posted by アカシロイズミ at 17:42| Comment(6) | TrackBack(0) | ベビーホルガ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

とどまらないこと、変わらないこと

l_a11.jpg

LC-Aにて撮影。これもagfa vista100です。
空の蒼さと雲のバランス、そして空の向こうの赤いワンポイントが気に入っています。


世の中にはたくさんの答えがあって。
そしてそれらはそれぞれがすべて正解で。
自分の正解だけが見つからない時、
ふと見上げた夕暮れの空。

雲のように
とどまらないこと、変わらないこと。
これもひとつの正解なんだなあと感じてシャッターを切りました。

遙か空の向こうには、赤い道しるべ。


写真のタイトル、すぐに決まるときと決まらないときがあります。
タイトルって、結構難しいですよね。
posted by アカシロイズミ at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | LC-A バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

あしあとは続いていた

h_p3.jpg

holga120FNにて撮影。リバーサルフィルム、フジフィルムのブローニー版ベルビアです。

暗闇の中を走っていた時は、自分の位置さえわからなくて。
不安で辛くて、押しつぶされそうで。
でもいつの間にか夜が明けて、振り返ってみると、彼方から続くあしあと。

大丈夫。
暗闇でも、あしあとはちゃんと今に続いている。

暗闇だと思っていた過去が、実は美しい場所だったのだと気付いた瞬間。

久々にホルガ写真です。
posted by アカシロイズミ at 23:37| Comment(4) | TrackBack(0) | ホルガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

青のロンド

l_a10.jpg

LC-Aにて撮影。フィルムはagfa vista100です。
これも水族館での写真です。
暗いのでスローシャッター。フラッシュ禁止なので。こんな感じに写ります。

岩の上の方で乱舞しているのが魚たち。
こうやってスローシャッターで写すと、魚たちの描く軌跡が円だというのがよく分かります。

上の白いのは空気の泡です。
LC-Aで水族館を撮るのは、思った以上にいいかんじでした。
おすすめです〜!
posted by アカシロイズミ at 02:35| Comment(3) | TrackBack(0) | LC-A バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

ひとのあたたかさはあなたから教わった

sis100_6.jpg

シスターホルガにて撮影。フィルムはiso100です。

日曜日の公園。
自分も父親に手を取られて、こうやって遊んだことを思い出します。

人の手はあたたかい 人の心はあたたかい
人の手はやわらかい 人の心はやわらかい

私に、ひとのあたたかさを教えてくれた、父に、母に、妹に、あらゆる人に、感謝を。

思わず実家に電話を掛けてしまいました。笑
posted by アカシロイズミ at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | スメハチ バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

海を飛ぶものたち

l_a9.jpg

LC-Aにて撮影。これもフィルムはagfa vista100です。
水族館へ行って来ました。新しく上がってきた写真が嬉しくて、最新のをあげます。笑
ペンギンプール。泳ぎ回るペンギンたちを撮ろうと、カメラで必死に追いかけました。

陸上で見るよりも、水中でのペンギンたちは鳥らしくて。

なんだか、切ないような、不思議なような、変な気持ちでいっぱいで。時間を忘れてずっと見ていました。

生きているものって、とても不思議ですね。
posted by アカシロイズミ at 01:33| Comment(6) | TrackBack(0) | LC-A バックナンバー1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。